韓国でパク・クネ(朴槿恵)大統領の知人らが起訴された一連の事件を捜査している特別検察官は、国内最大の財閥、サムスングループの事実上のトップを呼んで、休憩を挟みながら22時間にわたって事情聴取し、今後、逮捕状を請求することも視野に捜査を進める方針です。