北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)労働党委員長の兄、キム・ジョンナム(金正男)氏が、マレーシアで殺害された事件について、中国にいる北朝鮮の人たちに話を聞きましたが、みな一様に多くを語りませんでした。

キム・ジョンイル(金正日)総書記の生誕75年にあたる16日、献花しようと北京の北朝鮮大使館を訪れた40代の北朝鮮の男性は、「よく分からない」とだけ述べました。別の20代の男性は、「キム・ジョンナム氏とは誰のことですか」と述べ、記者がキム委員長の兄だと指摘すると、しばらく沈黙したあとに、「分からない」と述べて足早に大使館に入っていきました。

また、冬のアジア大会が行われる北海道に向かうため、経由地の北京の空港に到着した北朝鮮のチャン・ウン国際オリンピック委員会委員は、記者団からキム・ジョンナム氏について問われると「そういったことは政治家に聞いてほしい。私はスポーツ人だ」と述べるにとどめ、回答を避けました。