韓国のパク・クネ(朴槿恵)前大統領は21日午前、検察に出頭し、サムスングループから賄賂を受け取った疑いなど一連の事件をめぐる事情聴取を受けています。パク氏は、容疑を全面的に否認しているものとみられ、聴取は21日の夜遅くか、22日未明まで行われる可能性があります。

韓国のパク・クネ前大統領は、今月10日に憲法裁判所の決定によって罷免されて刑事訴追されない特権が無くなり、検察は一連の事件をめぐる任意の事情聴取を行うため、パク氏に21日午前、ソウル中央地方検察庁に出頭するよう求めていました。

これを受けてパク氏は21日午前9時15分ごろ、ソウル市内の自宅を車で出発し、およそ10分後に検察庁に到着しました。そして、記者団の前に立ち、大統領を罷免されたあと初めて公の場で発言し、「国民の皆さんに申し訳なく思います。誠実に捜査に応じます」と述べました。

検察によりますと、パク氏に対する初めての事情聴取は午前9時35分ごろから始まりました。事情聴取は、ソウル中央地方検察庁の10階にある取調室で検察官2人が行い、取調室にはパク氏の弁護士も同席しているということです。

パク氏は長年の知人、チェ・スンシル(崔順実)被告と共謀して最大の財閥「サムスングループ」から約束分も含めて日本円で43億円余りの賄賂を受け取った収賄の疑いや、チェ被告が深く関わる2つの財団に資金を拠出するよう、企業に圧力をかけた職権乱用と強要の疑いなど、合わせて13の容疑が持たれています。

パク氏はこれまで一連の事件への関与を否定していることから、事情聴取でも容疑を全面的に否認しているものと見られ、聴取は21日の夜遅くか、22日未明まで行われる可能性があります。
【「誠実に捜査に応じます」】パク・クネ前大統領は午前9時15分ごろ、自宅を出て車に乗り込みました。自宅の周辺には、韓国の国旗を手にした大勢の支持者が集まり、パク氏を乗せた車は、その間を警護官に付き添われてゆっくりと進み、パク氏が支持者に手を振る様子も見られました。

大通りに出ると、車は警察の白バイやパトカーに先導されてソウル中央地方検察庁に向かい、韓国メディアは車をオートバイなどで猛スピードで追いかけたほか、上空からもヘリコプターでパク氏の移動の様子を生中継で伝えました。

そして、午前9時24分ごろ、車が検察の玄関の前に横付けされると、パク氏は緊張した面持ちで車から降り、待ち構えた報道陣に「国民の皆さんに申し訳なく思います。誠実に捜査に応じます」とひと言述べました。記者からは、「こういった状況に置かれる必要がないと、今も思っているか」という質問が投げかけられましたが、それには答えず、建物の中に入りました。
【官房長官「最大限の関心」】菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、「韓国の内政、さらには司法手続きに関する事項であり、コメントは控えるべきだ。政府としては最大限の関心を持って注視している。対北朝鮮をはじめとする安全保障については、しっかり連携ができているということは申し上げておきたい」と述べました。