3人組ダンスボーカルユニットw−inds.が22日、東京・国際フォーラムで、15周年記念ツアーの最終公演を行った。
 1曲目「try your emotion」が始まると5000人のファンは総立ちとなり、千葉涼平(31)は「珍しく天候が良くないけど、そんなこと関係なく最高の空間にしていきましょう!」と話した。
 この日、リオ五輪競泳女子日本代表の金藤理絵(28)松本弥生(26)高橋美帆(23)北京五輪新体操代表の坪井保菜美(27)が楽屋を表敬訪問。15周年ツアーで恒例となったファンタイムでステージ上に呼ばれ3人はステージに登ったものの、金藤だけは恥ずかしがって上がらなかった。
 橘慶太(30)は「金藤選手も来ていて、さっき楽屋で金メダルをさわらせてもらったけど、重かった。あんなに簡単に出してもらえるなんて」と話した。2020年東京五輪で正式種目となるサーフィンに対して緒方龍一(30)は「(日本代表として)出たい気持ちはある」と告白。メンバーから「俺たちは本気で龍一が五輪を目指しいると思っていいの」と突っ込まれると、「ん〜、聞かなかったことにしてください」と訂正した。
 2度目のアンコールでツアー最後の曲はデビュー曲「Foever memories」となったが、橘は感極まって涙ぐみ「うまく歌えずにすみませんでした。このリベンジはファンクラブイベントで果たしたいです」。「また新たな1歩を踏み出したいと思います」という緒方のコメントで幕は閉じた。約2時間半におよぶパワフルなステージで、新曲「Backstage」を含む全21曲を披露した。
 今回大ファンという松本に誘われてw−inds.ライブを初体験した金藤は終演後、「涼平さんと龍一さんは小柄なんだけど、それを感じさせないパフォーマンスでした。慶太さんは私がステージに上がらなかったのにフォーローしてくれてうれしかったです。もう1度来たいです」と話した。