突然の離婚で世界中を驚かせた米俳優ブラッド・ピット(52)と女優アンジェリーナ・ジョリー(41)が、英ロンドンにあるろう人形館「マダム・タッソー」でもお別れしたことが明らかになった。観光名所として知られるマダム・タッソーでは、正装して仲良く寄り添う2人の蝋人形が2013年から設置され、人気を博していた。しかし、世界中が注目する離婚劇を受け、同人形館ではさっそく2人を別れさせる措置をとった。「ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの人形を別れさせたことを報告します」とのメッセージと共に、2人を離れさせ、間に俳優ロバート・パティンソンのろう人形が飾られた写真をツイッターに投稿した。「互いを尊重した距離感をキープできるよう配慮しました」と、ピープル誌の取材にコメントしている。
 マダム・タッソーでは、2005年にピットが女優ジェニファー・アニストンと離婚した際にも、2人の人形を別々の位置に配置を変えたことがある。ハリウッドやラスベガスなど全米にある同人形にも2人のろう人形が飾られているが、現時点では対処は取られていないうようだ。(ロサンゼルス=千歳香奈子)