女優知英(ジヨン=22)が23日、初出演、初主演するブロードウェーミュージカル「スウィート・チャリティ」(東京・天王洲 銀河劇場)の初日公演前、公開稽古を行い、取材に応じた。
 ニューヨークのダンスホールで働く、天真らんまんな女性チャリティの、人々との出会いや成長を描いた物語。2時間半ほとんど出ずっぱりで、せりふ量も膨大な知英は「ちょっと間違えても、愛嬌(あいきょう)で見てほしい。でも稽古の通りにやれば伝わると信じてます。頑張ります」。
 韓国のガールズグループ、KARA時代から、歌やダンスでファンを魅了してきたが、ライブと舞台では発声の仕方やダンスもまったく異なる。知英は「発声は全然違いました。踊りも苦労しました。ポップダンスとは違う感じで、クラシックバレエ、ジャズダンス…」と、さまざまなテイストのダンスに挑戦したとした。
 稽古場だけでなく、移動中や自宅でも稽古を積んできた。共演の岡幸二郎は「稽古場で見ていて、どんどん成長していくのが分かった」、平方元基も「稽古場からずっとチャリティで、かわいさが詰まっている」と絶賛した。
 2年前に日本を拠点に女優活動を始めた。知英は「女優になってから、ミュージカルは絶対にやりたいと思っていた。まだ夢を見ている感じです」と喜びを語った。
 10月2日まで。