俳優草刈正雄(64)と山本耕史(39)が23日、大阪城西の丸庭園で行われたユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスペクタクル・ライブショー「戦国・ザ・リアルat大阪城」の発表会見に出席した。
 「戦国・ザ・リアルat大阪城」では、大阪城西の丸庭園を会場に、大阪城に映し出されるプロジェクション・マッピングや演出用花火を使用した真田幸村の大坂冬の陣や夏の陣の戦いをテーマにしたスペクタクル・ライブショーが行われる。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがパーク外でショーを行うのは初めて。開催期間は12月16日〜来年3月12日。
 草刈が「大阪城をバックにしたイベントができないかと考えたことがある」と言うと、山本も「実は僕も以前から考えていた」と明かして会場を笑わせていた。
 大河ドラマ「真田丸」で石田三成役を演じた山本は「(大阪城は)真田丸の最終地点として感慨深い。(石田三成は)関ケ原で命を落としたから、冬の陣も夏の陣も参加していない。ワクワクもあるが切ない部分もある」と複雑な心境を明かした。さらにイメージ映像を見たという山本は「これ以上のエンターテインメントはないんじゃないかというほどすごい。プライベートでも来て楽しみたい」と語った。