覚せい剤取締法違反で有罪となった元プロ野球選手の清原和博氏(49)の元妻でモデルの亜希(47)が、現在の心境をつづった。
 亜希は23日にブログを更新。ジムに通い始めてから1年が経過したことを報告し、「昔はしんどい、辛い、面倒というネガティヴな言葉ばかりがよぎっていた、けれど最近は、自分と真っ直ぐ向き合う大切な時間である事と感じます。普段何かと子供たちや仕事の事、ご飯の事で頭の脳みそ大半を占めている…そんな脳みそをクリーンにしてくれる感覚」と、トレーニングによってリフレッシュできていることを明かした。
 14年に清原氏と離婚。シングルマザーとして2児を育てる中、今年2月には同氏が逮捕され、世間を大きく騒がせた。自身は清原姓を捨て、芸名を「亜希」に変更して再出発した。
 「いろんな事がある。いろんな出来事がやってくる」と波乱の日々に思いをはせた亜希。「けれどその後キラキラ、生き生きしていられれば勝ちじゃん!と明言をくれる友人がいる。そこで踏ん張って踏ん張って、自分らしく伸びやかに生きていられる人でありたい」(原文まま)と現在の思いを明かし、「細く長く…一歩一歩…コツコツが勝つコツ…沢山の想いを詰め、大きく深呼吸してまたスタートです」と前向きにつづった。