米女優アンジェリーナ・ジョリー(41)との離婚が明らかになったばかりの俳優ブラッド・ピット(52)に児童虐待容疑が浮上し、米連邦捜査局(FBI)が調査に乗り出したことが明らかになった。
 複数のメディアが、14日に仏から米ロサンゼルスに戻るプライベートジェット機の中で泥酔したピットが、子供たちを怒鳴り、手をあげるなどの虐待行為を行った報道し、米ロサンゼルス市警察が捜査に乗り出したと伝えていた。しかし、同市警察は「虐待の通報は受けておらず、捜査する予定もない」と報道を否定する声明を出していた。この件は児童家庭サービス課に通報され、ピットとジョリーが事情聴取を受けた他、6人の子供たちからも事情を聴く予定だと米ピープル誌は伝えているが、同課でも報道を否定していた。しかし、FBIはこの件は飛行中の機内での出来事だったことから正式に引き継ぐことになり、現在は事実確認を行っている最中であることを認めている。その結果次第では今後正式に虐待容疑で捜査が始まる可能性もあるという。
 ジョリーはこの一件があった翌日の15日に離婚を決意し、19日に離婚を申請。3人の養子を含む6人の子供全員の単独親権を求めている。夫妻は子育ての方針を巡って度々口論になることはあったが、ピットは子供たちに手をかげるようなことは決してないとピットの関係者は報道を否定している。ピットは子供たちのためり離婚を公にせずにひっそりと素早く解決することをジョリーに懇願したが無視され、虐待容疑をかけられたことにショックと怒りを感じているという。(ロサンゼルス=千歳香奈子)