タレント鈴木奈々(28)が13日、東京・丸の内で開催中の地域の食ブランドが集まった「地理的表示フェスティバル」のオープニングセレモニーに出席し結婚生活について明かした。

 報道陣から料理について質問された鈴木は、以前は苦手だったが、仕事がオフの時には作っているとし、「旦那さんから『料理はお願いだからがんばってくれ。頑張ってくれたら、お前についていく』と言われたんです。まだまだ勉強中です」と告白。さらに、「料理を頑張って節約して、茨城県にマイホームを建てたいです」と話した。

 一方で、今現在の目標を聞かれると「色気がほしいです。橋本マナミさんみたいな。旦那さんにずっと愛されたいし、子供もほしいので」と話した。

 また、各地の食ブランドの集まるイベントということで、鳥取県からは「鳥取砂丘らっきょう」も出展。ブースを見た鈴木は「しまとり砂丘」と、読み間違えてしまうハプニングもあった。その後、「神戸ビーフ」を読んだ際には「間違っていませんよね」と確認し、会場の笑いを誘っていた。