イケメン男装女子AKIRAとロリータのカリスマ青木美沙子(34)が23日、都内で映画「高慢と偏見とゾンビ」(30日公開、バー・スティアーズ監督)PRイベントに出席した。
 18世紀のイギリスが舞台で、謎のゾンビウイルスに冒される社会を描いた物語。それぞれ主人公・ダーシーとヒロイン・エリザベスをイメージした衣装で登場した。
 映画の感想を聞かれた青木は「こういう(ロリータ風の)お洋服を着て戦うシーンは迫力があって、そのギャップが面白かった。メークや髪形もかわいいし、ガーターベルトから剣を出すシーンはセクシーだし、とてもよかったです」。AKIRAは「この映画に出てくるゾンビは美しい。ゾンビが苦手な人でも見られると思います」と太鼓判を押した。
 会場には、ロリータファッションに身を包んだ多くのファンが駆けつけた。青木は「平日なのに、仕事の後に、みなさんえらいですね…」と感心していた。