90年代にカリスマ的人気を誇ったシンガー・ソングライターの小沢健二(48)が22日に、19年ぶりの新曲「流動体について」を発売。21日付の朝日新聞で突然発表するという“サプライズ”だった。今後立て続けにテレビ番組に出演する予定で、ファンの間で話題騒然となっている。

「オザケン」の愛称で、日本のポップカルチャーに大きな影響を与えた小沢だが、98年に「春にして君を想う」を発売して以降、新曲は発売せず。ツアーや公演は不定期に行っていたが、メディアへの露出は極端に少なかった。14年にはフジテレビ「笑っていいとも!」に出演したが、これも16年ぶりのテレビ出演。

 プライベートも謎に包まれていて、その動向が伝えられることはほとんどなかった。それだけに、突然の表舞台“復帰”は、衝撃をもって受け止められている。

「店に行ったら、突然、新曲が店頭に並んでいる――というやり方は、ビヨンセら世界的なアーティストがやっている最新手法。“サプライズセールス”です。小沢は90年代後半にニューヨークに移り住んで以降、世界中を旅したり、“反資本主義”を掲げ政治的な活動をするようになった。音楽的には“隠遁”生活を送っていました。09年に米国人の写真家と結婚し、13年には長男が生まれている。ただ、最近はあまりにも本格的な音楽活動から離れていたため、経済的に苦しくなったのでは――との臆測も呼んでいます」(音楽関係者)

■アルバム発売にも期待

 いずれにせよ、オザケンファンとしては、待ちに待った“復帰”だろう。新曲を聴いた音楽評論家の富澤一誠氏はこう言う。

「新曲『流動体について』は“オザケンワールド”全開で、全盛期の躍動感や疾走感を感じました。カップリング曲『神秘的』は自分がやりたいことをやっているという印象です。年内にはアルバムを発売するかもしれません。カリスマ的人気を誇った時には、自分が祭り上げられることをよしとしなかった部分があったのでしょう。ただ、長い時を経て“こだわり”なども解消されたかもしれません」

 24日のテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演するという小沢。どんな姿を見せるのか。