広島の菊池涼介(26)が12日に静岡県内で自主トレを公開。WBCに向けて例年以上に早い調整を進めている。昨季は不動の2番として25年ぶりのリーグ優勝に貢献。181安打で最多安打を獲得し、ゴールデングラブ賞にも選ばれた。

 侍ジャパンの中心選手として期待する小久保監督は、昨年11月の強化試合では主に本職の二塁で起用。大会本番でのスクランブル起用を見据えて遊撃も1試合守った。

 一方で、懸案事項になっているのが三塁だ。強化試合では菊池と同じ二塁のヤクルト山田が三塁に挑戦。山田、菊池の両方をスタメン起用したい小久保監督の意向があったものの、山田は三塁守備でのフットワークに戸惑い、悪送球を記録した。

 ある球界OBは、「山田の守備負担を軽減するには、指名打者で起用し、菊池を二塁、ソフトバンクの松田を三塁で使えばいい」と言うが、別のOBは「山田を二塁、菊池を三塁に置くのがベスト」と、こう続ける。

「山田は入団当初、遊撃手だった。しかし、送球難によって二塁に転向した。その時の経験もあって、遊撃や三塁に必要不可欠な長い距離の送球に不安を抱えているそうだ。ただ、山田は守備からリズムをつくるタイプだという。三塁や指名打者ではなく、本職の二塁で起用した方が得策だと思う。菊池のプロでの三塁経験は12年の1試合のみだが、強肩かつ守備範囲が広く、動物的な反射神経を持つ。三塁は速い打球に対応しないといけないが、菊池なら問題ないだろう。高校時代は三塁手だったこともアドバンテージになる」

 本番のスタメン発表ではどうなるか。