ドジャース・前田健太(28)のWBC出場辞退が決まった。

 米スポーツ専門チャンネルESPN(電子版)が11日(日本時間12日)、フリードマン編成部長の話として伝えた。カブス・上原に続いて、現役メジャーリーガーの日本代表入りが見送られた。

 ロバーツ監督が「国を代表してプレーするのは重要なこと。でも次のシーズンに向けて準備するのも、同じくらい大事なことだ」と話すまでもなく、前田にとってメジャー2年目のキャンプでの課題は山積みだ。

 昨季8試合でバッテリーを組み、相性の良かった(防御率2・96)ベテランのエリス捕手(35)がシーズン途中に移籍(現マーリンズ)。今季は正捕手グランダル(28)と組むケースが増えそうだが、昨季23試合で防御率3・74。前田はリード面に不安があるグランダルに加え、今オフ加入した控え捕手ともキャンプ、オープン戦を通じてコミュニケーションを昨年以上に図る必要がある。

 昨季、前田の1試合平均投球回数は5回3分の2。32試合でQS(6回以上を自責点3以内)はわずかに14回だった。守護神ジャンセンらリリーフ陣の好投にも救われて16勝(11敗)をマークした。しかし、「ブラントン(防御率2・48)、バイエズ(同3・04)らのセットアッパー陣が出来過ぎだった」という声もある。今季はリリーフ陣に勝ち星を消される可能性は増えるし、長いイニングを投げる必要も出てくる。

 少ない球数で打ち取るため、ツーシームとシンカーを身に付けたが、オープン戦では新球の精度も問われる。