相撲ファンの間では「新ちびっこ旋風」と呼ばれているそうだ。

 近年、小兵力士の躍進が目覚ましい。先場所は173センチ、114キロの石浦が新入幕。十両では173センチ、128キロの業師・宇良が活躍しており、今場所からは168センチ、116キロの照強も十両に昇進した。

 幕内の平均体重は161.5キロ、十両でも同154.8キロと力士の大型化が進む中、彼らはスピードで大型力士を翻弄している。

 同じように土俵に小兵旋風が吹き荒れたのが、昭和50年代初期。「ちびっこギャング」の異名を取った関脇・鷲羽山を筆頭に、大関・旭国、関脇・北瀬海と、小柄な力士が三役を務めた。

 ベテラン相撲記者は「小兵時代再来なら、喜ぶのは白鵬でしょう」と、こう話す。

「小兵力士は奇襲に動じない相手を苦手とする傾向がある。白鵬は生半可なことでは動じず、何より反応の速さは角界随一ですからね。かつては横綱の輪島も、相手を冷静に観察することで鷲羽山らをカモにしていた。対鷲羽山戦は18戦全勝、旭国にも30勝4敗です。当時、力士としては晩年に差し掛かっていた輪島が復活したのも、彼ら相手に星を落とさなかったのが大きいといわれている。白鵬は同部屋の石浦と対戦することはないが、幕内には132キロの千代翔馬といった軽量級の成長株もいますからね」

 白鵬の時代はまだまだ続きそうだ。