<ソフトバンク2−5日本ハム>◇22日◇ヤフオクドーム

 ソフトバンクが絶体絶命の危機に立たされた。日本ハムとの天王山に2連敗。2ゲーム差に広げられ、今季初めて自力優勝の可能性が消滅した。
 先発武田が6回途中でマウンドを降り、頼みの中継ぎも踏ん張れなかった。打線もあと1本が出ず、日本ハムに及ばなかった。工藤公康監督(53)は「1つも負けないつもりで戦うしかない。僕だけじゃなく、選手、みんなも理解している」と厳しい表情を見せた。残り8試合。悲願の3連覇に向け、1敗もできない状況になった。