今年の日米大学野球に出場した東海大北海道・水野滉也投手(札幌日大)、立正大の最速153キロ右腕、黒木優太投手(橘学苑)らがプロ志望届を提出、23日、全日本大学野球連盟のホームページに掲載された。
 ほかに立正大の神戸文也投手(前橋育英)と樋口龍之介内野手(横浜)も提出した。
 これで47人が掲載された。
 ドラフト会議は10月20日に行われる。