<秋季近畿地区大会大阪府予選:大阪桐蔭12−1関大北陽>◇23日◇3回戦
 3年連続センバツ出場を目指す大阪桐蔭が、今夏大阪大会3回戦で敗れた関大北陽に圧勝した。2回に相手の守りのミスから3点を先制し、5−1の8回は山本ダンテ武蔵外野手(2年)の適時打など5安打で7点を奪い、8回で試合を決めた。
 守ってもエース徳山壮麿(2年)が3回1死満塁から遊ゴロで1点を失ったが、8回を1失点。「圧倒的に勝つ、そう思って試合に臨みました」(徳山)と前チームのリベンジを果たした。