K−1の2016ベストバウトがこのほど決定。第1位には大雅−卜部功也(9月19日、スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント・決勝戦)が選ばれた。

 第2位は小沢海斗−武尊(11月3日、初代フェザー級王座決定トーナメント・決勝戦)、第3位はHIROYA−野杁正明(3月4日、65キロ日本代表決定トーナメント・準決勝)に決まった。

 以下は次の通り。

 第4位:イリアス・ブライド−ゲーオ・ウィラサクレック(6月24日、65キロ世界最強決定トーナメント・決勝戦)

 第5位:ゴンナパー・ウィラサクレック−山崎秀晃(9月19日、スーパーファイトK−1スーパー・ライト級)

 第6位:武尊−小沢海斗(6月24日、スーパーファイト57キロ契約)

 第7位:ユン・チー−武尊(11月3日、初代フェザー級王座決定トーナメント・準決勝)

 第8位:大雅−卜部弘嵩(9月19日、スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント・準決勝)

 第9位:サニー・ダルベック−城戸康裕(11月3日、スーパーファイトK−1スーパー・ウエルター級)

 第10位:久保優太−山崎秀晃(3月4日、65キロ日本代表決定トーナメント・準決勝)

 第10位:上原誠−KOICHI(9月19日、スーパーファイトK−1ヘビー級)

 第10位:山本真弘−大雅(4月24日、60キロ日本代表決定トーナメント・1回戦)