<大相撲初場所>◇6日目◇13日◇東京・両国国技館

 先場所優勝の横綱鶴竜(31=井筒)が、よもやの3連敗を喫した。西前頭2枚目の荒鷲(30=峰崎)の速攻相撲に、なすすべもなかった。左の前まわしをとられると、右に回り込まれ、逆に上手を切られた。さらに頭をつけて寄って出る荒鷲の右のど輪押しで体がのけ反り、あっけなく土俵を割った。

 4日目の御嶽海戦に続く金星配給は通算11個目。立ち合いから初顔合わせとなった荒鷲の速攻に「別人だったね」と戸惑いを隠せなかったようだ。「かみ合わないのか」という問いに「なめてかかりすぎた。何かがおかしい」と、多少なりとも油断があったことを認めた。

 先場所の勢いそのままに3連勝スタートも、よもやの3連敗に「頭がさえていない。落ち着きもない」と首をひねるばかり。残る土俵に向けて「しっかり反省して修正しないと」と、自分に言い聞かせるように話した。