FW武藤嘉紀(24)が所属するマインツは、オランダ1部デンハーグのU−21オランダ代表FWゲルバン・カスタナール(20)に接触した。

 デンハーグの監督は同選手の移籍を容認している。14日付の独紙ビルトが報じた。

 マインツスポーツディレクターのシュレーダー氏は「非常に興味を持っているよ」と、カスタナールへの興味を認めた。カスタナールの契約は17年6月まで。そのため20万ユーロ(約2400万円)というお手頃価格での獲得が可能だという。

 デンハーグのペトロビッチ監督は、カスタナールについてオランダのメディアで「ブンデスリーガでプレーするチャンスだ。私の心はもちろん泣いている。だが彼がこの道を進むことを受け止めるよ。そのためにハードに取り組んできたんだ」と放出を容認した。

 同選手は今季、リーグ戦に13試合に出場し、3得点。攻撃的なポジションならどこでもプレーできる。加入したら武藤のライバルになる。