今季米ツアーに挑戦する女子ゴルフの畑岡奈紗(18=茨城・ルネサンス高)が誕生日の13日に、都内でダンロップスポーツとのゴルフ用品使用契約会見を行った。また、森ビルと所属契約を結んだことも発表された。

 会見では松山英樹、ミンジー・リー、中嶋常幸からのビデオレターが披露された。松山からは「大変なこともあると思いますが、同じ世界一を目指して頑張っていきましょう」などとエールを送られた。

 またダンロップから憧れのプロ野球巨人の坂本のサインをプレゼントされ、「頑張ってくださいと書いていただきました」と笑顔だった。

 以下、畑岡の一問一答

 −18歳の誕生日ですが

 畑岡 車の免許が取れたらいいですね。オフの時は自分で行きたい場所に行けますから。

 −あこがれの選手は

 畑岡 宮里藍プロはいつもどんな時でも笑顔で最後まであきらめないでプレーしているので、見習いたい。

 −トミー・アカデミーで指導を受ける中嶋常幸プロから助言は

 畑岡 スイングに関してはもう少しトップの位置が高くなった方が良いかなと言われました。ちょっと今は低すぎるので、もう少し強いボールが打てるのではと思います。

 −米国での生活に不安は

 畑岡 ないです。楽しみです。意外とカリフォルニア米が食べられることに気づいたので、あとは炊飯器を買えば、自分で炊いて食べられる。こちらから持って行かなくても大丈夫かなと思います。