リオデジャネイロ五輪に続き、パラリンピックも閉幕した。陸上競技でゴールする選手の姿に、大阪・道頓堀の看板で有名な江崎グリコ(大阪市)の「ゴールインマーク」を思い浮かべた人もいたのではないだろうか。実はマークのモデルは佐賀の神社にあった。キャラメルのグリコも創業者江崎利一(りいち)(1882〜1980)が有明海でヒントを得て開発したという。県内の「グリコゆかりの地」を巡った。

 「キャラメルのグリコはカキの栄養素グリコーゲンから名付けられました」。江崎グリコグループ広報部の市田拓也さん(32)は、グリコの由来をこう解き明かす。

 利一は今の佐賀市蓮池町蓮池に生まれた。地元の芙蓉小高等科を卒業後、地元で家業の薬種業「江崎商会」を営んでいた1919年、有明海で漁師がカキの煮汁を捨てる様子を目にしたのがきっかけだったという。

 「カキには栄養価の高い成分が含まれていたはず」。利一は煮汁を分けてもらって分析し、動物でんぷんとも称される「グリコーゲン」が豊富に含まれていることを確認した。

 まだ生活も食事も豊かでなかった時代。子どもたちが喜んで食べ、国民の健康に貢献できると考えて開発したのがグリコーゲン入りのキャラメルだった。

 利一は商品名をグリコと定め、社名にも採用。今でも特に中高年に忘れがたいあの味は「世の中のために」と利一が考案した紛れもない県産品だった。