福岡県飯塚市選挙管理委員会は12日、平日昼に賭けマージャンをした問題で辞職する斉藤守史(もりちか)市長の後任を決める市長選を2月19日告示、26日投開票と決めた。

 市選管によると、記録が残る1959年以降、任期満了以外で市長選が行われるのは3度目。2006年の新市施行後は初めて。斉藤市長は1月末に辞職すると表明している。

 有権者数は10万8590人(16年12月2日現在、市選管調べ)。

=2017/01/13付 西日本新聞朝刊=