4月に放送されるフジテレビの特番「さんタク」で、元SMAPの木村拓哉が歌を披露する可能性が浮上していることが、わかった。同特番で木村が歌を披露すれば、SMAP解散後初めてとなる。

 17日、ラジオ番組「木村拓哉のWhat's UP SMAP!」が放送。番組では、4月放送予定の「さんタク」について、木村は「この間トーク部分の収録をしたんですけど…」と明かし、「本当に色んなアイデア、その場で思ったことをその場でロケでやっちゃう番組なので…」と番組の特徴を語った。

 特番では、“さんまと木村のドラマ&バラエティ聖地巡礼”という企画が一つの案として上がっているが、他にも木村の歌も企画として上がっており、木村は「アイデアは提示されているんですけど、それがどういう形になるかっていう…どうなんだろっていう。不透明ですね」とコメント。

 続けて、「歌うとなったら久々で照れくさい感じは非常にするんですけども」と本音を語ったが、ただ最後にやはり、「ちゃんと形になるかなぁ、不安だな」と心配した。

 グループ解散前には、フジテレビ「SMAP×SMAP」などで歌を披露していたSMAP。解散後、当然コンサートもなくなり、現在まで元メンバーは歌を披露する機会はないが、木村がもし「さんタク」で歌を披露するとなると、解散後初めての歌披露となる。