NumberWeb担当デスク(以下、デスク)「ロシアW杯アジア最終予選イラク戦(10月6日、埼玉スタジアム2002)、オーストラリア戦(11日、メルボルン)のメンバーが発表されたね。試合に出ていない欧州組が多いなか、もうちょっと入れ替えてくるかなと思ったんだけど」

二宮「9月のメンバーとほぼ一緒ですね。確かに今回は、試合に出場できていない欧州組の処遇をどうするかが注目だったと思います。多少なりとも入れ替える必要があるか、ないか。ハリルホジッチ監督は入れ替える必要がないと判断したということですね」

デスク「それほど欧州組の信頼は厚いと?」

二宮「今、欧州の所属クラブで先発の座を奪えていないのは、本田、香川、岡崎、長谷部、清武、長友、吉田らで、主力のほとんど。彼らの代わりはいないと判断したんでしょうけど、UAEに負けてタイ戦でも決定力不足が露呈した9月の2連戦に対する評価が、監督のなかではそれほど悪くなかったとも言えると思います。出場機会がなくて、9月の評価も悪ければさすがに入れ替えてくるはずですから。今のメンバーで修正可能とみているということじゃないですかね」

ここで1敗でもすれば進退問題になることは間違いない。

デスク「9月の試合は欧州組のコンディションが全体的に良くなかった。イラク戦はUAE戦と同じく木曜日の試合だし、全体で練習できるのはまた2日間ほどでしょ? UAE戦と同じようなことにならないか心配になるんだけど」

二宮「実際、コンディションを考えたら相当厳しいと思いますよ。でも監督はコンディションより経験値を優先したと言えます。もしこの2連戦で1敗でもすれば、監督の進退問題に発展するのは間違いないし、本人も分かっているはず。欧州組の主力たちと心中するぐらいの覚悟だとは思いますよ」

デスク「コンディションを考えたらケルンで絶好調の大迫勇也や、Jリーグでも齋藤学や中村憲剛とノってる選手を呼ぶ手はあったと思うけどな」

二宮「欧州組の所属クラブには15日前に招集を伝えなきゃいけないというルールがあるので、その難しさはありました。でも次の11月は、可能性があるんじゃないですかね。ただ国内のアタッカーは、もう1人呼ぶべきではなかったかと個人的には思います」

計算が立つ国内組を1人加えてもよかったような……。

デスク「と言うと?」

二宮「FWのメンバーは9月の2連戦とまったく同じ岡崎、本田、小林悠、原口、宇佐美、武藤、浅野の7人。国内組は小林1人です。欧州組は帰国するまでコンディションがつかみづらいうえに、帰国してすぐにイラク戦を迎えるという状況なので、計算が立ちやすい国内組のアタッカーがもう1枚欲しかったな、と。その意味でキレキレの齋藤は加えたほうが良かったんじゃないかとは思いました。それに齋藤のA代表初ゴールが東アジアカップのオーストラリア戦でした。ススッと抜けていくあのドリブルは、アジリティー勝負に強くないオーストラリア相手にも効きそうですし」

デスク「齋藤は見てみたかったな。その国内組のアタッカーで唯一選ばれた小林悠もかなり調子がいいよね」

二宮「今の小林なら先発で起用しても面白いんじゃないかと思いますよ。ハリルホジッチ監督はシステムを4-2-3-1ではなく、4-3-3と捉えています。両サイドはサイドハーフではなくウイングという考え。裏を取る、ドリブルで仕掛ける、仕留めるといった要素を重視しています。そしてタイ戦で原口がヘディングシュートを決めたように、クロスに合わせることも求めています。それらの要素を備える小林は9月25日の横浜F・マリノス戦で劇的な決勝弾をヘディングで決めるなど、空中戦も得意ですからね」

ファイトを厭わずミドルもある永木は、ようやく。

デスク「新しいメンバーで言うと、ボランチの永木が入ってきたね」

二宮「バチバチのファイトを厭わない、ハリルホジッチ監督好みの選手だと言えます。加えて彼には強烈なミドルシュートがある。22日の天皇杯3回戦ファジアーノ岡山戦では視察に訪れた監督の前で、25mの距離からミドルシュートを決めています。それが決め手になったのか、と。セットプレーのキッカーもこなせますし、ようやくここでメンバーに入ってきたかという印象ですね」

イラク戦のスタメンを予想してみると……。

デスク「メンバーの人選で、ほかに注目した点はある?」

二宮「9月に招集したのが24人。しかしケガ人が何人か出たということもあって、今回は26人と増やしています。そしてリーグ戦ここ2試合にケガで出場していない槙野を選んだという点。その明るいキャラクターでチームにいい雰囲気をもたらしてほしいという意味もあると思います。復帰した川島についても年長者として、リーダーの役割を求めています。長谷部の負担を減らしたいという意図も感じましたね」

デスク「さてイラク戦。相手は現在2連敗中とはいっても、先のサウジアラビア戦を見ても試合を優勢に進めていたのはイラクだったよね。長身の選手がいて、フィジカルも強い。その侮れない相手に、どんなメンバーで臨むと思う?」

二宮「コンディションの見極めはあると思いますが、ハリルホジッチ監督が本田、香川、長友を外すとは思えませんね」

FW 岡崎
MF 原口 香川 本田
   柏木 長谷部
DF 長友 森重 吉田 酒井宏
GK 西川

ここで結果が出なければ監督ともども主力交代も……。

デスク「タイ戦のパフォーマンスを考えると、左サイドは原口、酒井高コンビという手もあると思うけどな。あとはボランチだね」

二宮「長谷部の相棒として監督が考える一番手は柏木なのかなと。セットプレーのキッカーが欲しいところでもあると思うので」

デスク「イラク戦は勝利が絶対条件!」

二宮「ホームで初戦を落としている以上、イラク戦は引き分けも許されません。ハリルホジッチ監督も正念場ですが、本田や香川たちにとっても正念場。この2連戦で結果が伴わなければ監督の進退問題のみならず、チームも大幅に入れ替わることになると思いますから」

デスク「まさに瀬戸際だね。ゲームでの不手際はもう見たくない。際立つパフォーマンスに期待しようよ」

文=二宮寿朗

photograph by Takuya Sugiyama