「福西崇史の『考えるサッカー』」第2回で取り上げていくのは、ロシアW杯アジア最終予選・オーストラリア戦。現地で解説した福西氏の目に、ドローという結果はどう映ったのだろうか?

 今回の試合では“勝ち点1を確保した”、“勝ち点2を失った”という二つの考え方があるかと思います。日本の置かれた状況(3試合終了時点で勝ち点6のグループ4位)であることを考えれば勝ち点3が欲しかったのは確かです。ただ試合を進めていく中で最終的には「勝ち点1を確保する」ことに重心をかけた形になったんだな、と感じました。

 オーストラリア戦、キックオフ直後から日本は守備から入るゲームプランを実行していきました。ここ最近ではあまり見なかった展開ですが、ファーストディフェンダーとなった本田(圭佑)と香川(真司)が相手の最終ラインからボランチにかけてのプレーを制限することができていた。それがうまくハマって、幸先よく先制点を奪い取れました。

<前半5分の得点シーンでは、オーストラリアの最終ラインからの縦パスを原口が引っかけて、長谷部がボールを回収。そこからボールを受けた本田が原口にラストパスを通した。その際にも本田、香川が前線でパスコースを切っていた>

前半の守備が機能したが、後半はゲームプランが……。

 前半の日本の守備が機能したのは、オーストラリアが2トップだったことも影響しているかと思います。相手はゴールから近い位置で圧力をかけようと前線に2人を置きました。ただオーストラリア側からすると、中盤が4人になった分だけボールを受ける選手がいつもより少なくなった。そこを長谷部(誠)や山口(蛍)を中心に連係しつつ、縦パスを簡単に入れられないように2列目の香川、原口(元気)、小林(悠)が素早く挟み込んだことで、ボールを上手く取れました。

 ただ、後半は日本のゲームプラン通りにならなくなった。オーストラリアがより一層アグレッシブに攻めてきて、前からのプレッシャーをより強めてきた。PKで追いつかれるとさらに勢いは増して、日本はパスでかいくぐるのではなく、前線へ蹴り出すシーンが一気に増えました。

1トップの本田が孤立してボールが収まらない状況に。

 なぜ日本はパスをつながない選択をしたのか。理由は以下のふたつが考えられます。

(1)プレスに相手の勢いを正面から受け止めるより、前に蹴って陣地を挽回する
(2)ボールを保持して横パスをかっさらわれた時のリスクを回避する

 チーム全体が守備に意識を置いていた中で、日本は前半以上に押し込まれた。それは本来トップ下の位置を務めた香川のポジションを見ると分かりやすいです。守備ブロックを作る中で香川も自陣ペナルティエリア付近まで戻って守備をする場面が増えた。シュートまでいかせずボールを跳ね返しても、そのセカンドボールを相手に拾われると、チーム全体がなかなか押し上がらない。

 その影響を大きく受けたのは1トップに入った本田でした。本田は守備でファーストディフェンダーをこなしつつ、相手のマークを受ける中でボールキープして攻撃の起点になろうとしていたと思います。ただ後半は本田がボールを収めようとしても、すでに相手守備陣3、4人に囲まれる状況になった。

 香川や原口、小林といった2列目との距離感が大きく開いてしまったことで、起点になる機会もほぼなくなってしまいましたね。原口と小林は前半から相当守備で頑張っていましたし、香川もやはりコンディションが本調子ではなかった。小林も決定機(74分のヘディングシュート)を迎えましたが足に限界が来て途中交代するなど、攻撃面でパワーを残しておくことができなかった。

劣勢時こそ“マジメさのバランス”を考えてほしい。

 ここで強調しておきたいのが、劣勢時の“マジメさのバランス”です。もちろん日本人選手の特性は献身的な動きであることは間違いありません。でもずっと守備に追い回されていると、相手のプレーに対応するだけ、受け身のプレーになってしまう。だからこそ、どこかのタイミングで相手の想定を外れるようなアクションを起こす勇気とアイデアを持つ必要があったと思います。

 極端に数字で表すとするなら、2列目の選手は時間が経つごとに「守備100/攻撃0」の意識でプレーしていたのではないかな、と感じます。先制点は試合が始まってすぐだったこともあって、原口らがゴールへと一気に向かうことができました。それは“守備から攻撃へと素早く切り替えよう”という意識があったからこそで、ボールを奪う前での準備段階で攻撃のイメージを持っておけた。押し込まれた状況でも先ほどの数字で表すなら「守備90/攻撃10」にしておくだけで、もう少し相手を慌てさせるカウンターを仕掛けられるのでは? とは感じました。

浅野の投入で思考のバランスが攻撃に転じた。

 終盤にかけて、日本は相手の攻撃を食い止めるだけの状況を少し改善できました。それは浅野(拓磨)の投入が大きかったと思います。ハリルホジッチ監督はこう着した試合展開だったため、選手交代をギリギリまで待ったのだと推測します。ただ本田とはタイプの違う選手を入れて、オーストラリアに脅威を与えつつ守備の時間を減らすという考え方もあった。

 ピッチ全体を見ていても、浅野のスピードを生かすことで勝ち点3を狙おうとする姿勢が高まりました。

 それによって終盤に原口の突破からのラストパスに浅野が飛び込む場面が出るなどチャンス自体は生まれましたよね。反撃を仕掛ける時間帯がもう少し早ければ、もっと相手に怖さを与えられたかもしれません。

 カウンターを仕掛けるにはある程度の“ずる賢さ”も必要。今後の予選でもアウェーで戦う際には相手の攻勢を受けるケースは十分にあり得ます。その時にオーストラリア戦で浮かび上がった攻守バランスを常に頭に置いて戦う必要があります。

 引き分けという結果自体はオーストラリアとの勝ち点差が開いたわけではないです。その一方でサウジアラビアがUAEに勝利(3−0)して、グループ首位に立つと同時に日本との勝ち点差が3に開きました。それだけに11月の直接対決では差をしっかりと詰めておきたい。最終予選前半戦ラストの一戦も、大事な戦いであることは確かです。

(構成・茂野聡士)

文=福西崇史

photograph by Takuya Sugiyama