挑戦者が早くも崖っぷちに追い込まれた。

 日本シリーズ進出をかけたCSファイナルステージは2戦目までを消化し、セ・リーグ王者のカープが2連勝を飾った。アドバンテージも含めてカープの3勝0敗となり、アップセットを狙うベイスターズはここから4連勝するしか道がなくなった。

「今日はいい試合ができるのではないかと期待していたが、連夜、厳しい試合になった。選手たちはバットは振れていたと思うが、それ以上のピッチングをされてしまった」

 第2戦終了後、ラミレス監督はそう語り、第1戦に続いて相手投手の出来を称えた。だが、5−0、3−0と2戦連続の零封負けを喫した試合内容から、敗因が打線にあることは明白だ。

 第1戦は左腕ジョンソンに快投を許し、散発3安打で二塁にすら到達できなかった。第2戦は野村祐輔から今村猛、ジャクソン、中崎翔太とリレーした広島投手陣に5安打に抑え込まれた。2戦合計8安打はいずれもシングルヒットで、すべて別々のイニングに出たものだった。

 長打がないうえに、つながりもない――。ベイスターズ打線は今、そうした厳しい現実に直面している。

ロペス、筒香、梶谷の不振が厳しい。

 特に痛いのは、柱となるべき選手が揃って結果を出せなくなりつつあることだ。

 9月の月間MVPで、ファーストステージでも2本塁打と好調を維持しているかに思われたロペスが、この2試合では7打数0安打。頼みの綱の筒香嘉智までもが8打数1安打と、得点源の“200打点コンビ”が機能していない。

 特に筒香は、ファーストステージ第1戦での逆転2ランが鮮烈な印象を残したものの、第2戦以降は16打数3安打6三振(すべて空振り)という内容で本調子とは程遠い。

 ファーストステージ第3戦で死球を受けた梶谷隆幸の骨折もバッドニュースだった。左手薬指に激痛が走る状態ながら強行出場を続け、1戦目には器用に2安打したとはいえ、長打力という武器がそがれてしまったのは大きな戦力ダウンと言わざるをえない。

犠打5つ、進塁打5つという“つなぎ”が広島の怖さ。

 打ち勝つ野球が望めない現状で、ベイスターズはどんな戦い方を選択すべきなのか。

 そのヒントは、目の前の敵が教えてくれているのではないだろうか。

 カープの1番打者、田中広輔は8打席中7出塁、6打数5安打と絶好調だ。だが第2戦ではチーム4安打(うち田中が2安打)という成績も示すとおり、カープ打線全体が手をつけられないほど活発なわけではない。

 それでも、赤い軍団の攻撃には怖さがつきまとう。その正体は、シーズン中と変わらぬ徹底した“つなぎ”の実践だ。

 2試合でカープが記録した犠打は5つ。またバント以外に、凡打でも結果的に進塁打になったケースが5度あった。たとえば第2戦の3回には、四球、ワイルドピッチ、バント、犠牲フライと、ノーヒットで貴重な追加点をあげている。走者がじわりじわりとホームに近づいてくるところに、カープ打線の怖さがあるのだ。

 一方のベイスターズは、この2戦で一度もバントをしなかった。進塁打となる打球が飛んだのも2度だけ。その結果、四球や失策も加えてのべ14人の走者を出したが、得点圏に進めたのはわずかに3人だった。

 筒香やロペスが不振に陥った結果、豪快な一発攻勢の怖さもなければ、カープのように1つずつ塁を進める怖さもない、ということだ。

得点圏に走者を送って、意図的に“怖さ”を作れ。

 ならば、第3戦以降の戦い方として、ベイスターズにできることとは何だろうか。

 それは先に挙げた2種類の怖さのうち、選手や首脳陣にコントロールできるものに注力することだろう。

 長打を打て、ホームランを打てと言ったところで、その打席で打てるかどうかは分からない。打てるように最善の努力を尽くすのは当然だが、その時々の結果は「コントロールできないもの」と考えるべきだ。

 だが進塁による怖さの演出は、ある程度、それぞれの技量や意識で「コントロールできること」の部類に入るはずだ。もちろんケースバイケースながらも、犠打や進塁打で得点圏に走者を置く状況を可能な限り多くつくること、つまりは意図的に“怖さをつくる”ことが得点への近道になるのではないだろうか。

負傷中の梶谷より、万全な選手の方が怖い?

 そして、そういう意味で言えば、梶谷のこれ以上の出場は見送るのが賢明な判断ではないかと思う。指の骨が折れた打者は、たとえ梶谷といえども怖さがない。

 第1戦での意地の2安打、「全部出るつもり」という本人の気概。それらはたしかに考慮すべきファクターだが、コンディションの万全な選手を起用したほうが、相手に与える怖さは増すだろう。代役は関根大気か、あるいは打撃に意外性があり、外野もできるとの入団時の触れ込みだったエリアンを起用するのもおもしろいかもしれない。

 また、ファーストステージ突破の立役者、嶺井博希にスタメンマスクをかぶらせるアイディアもある。何かを持っているかもしれない嶺井の怖さを、カープにぶつけるのだ。

 第3戦の予想先発は、カープが黒田博樹、ベイスターズは井納翔一。ここで1勝して踏みとどまれれば、ローテーションのウラに入っていくカープに対し、今永昇太、石田健大と表に入っていくベイスターズに優位な展開になる可能性もある。

 とにかく負ければ終わりである以上、持てる「怖さ」を総動員することが、今のベイスターズには必要なのではないだろうか。

文=日比野恭三