新日鉄住金が、5日に火災が発生した大分製鉄所(大分市)の厚板工場について復旧のめどが立たないとして、JFEスチールと神戸製鋼所に対し、船舶や産業機械などに使われる厚板の生産応援を要請したことが13日、分かった。
 大分製鉄所の厚板工場では5日未明に火災が発生し、6日午後1時ごろに消し止められた。火災により、機材を制御するための装置や配線が損傷した。被害状況を確認中で、復旧の見通しは立っていないという。
 新日鉄住金は在庫を利用するほか、大分製鉄所で造った厚板に加工する前の半製品を茨城県や千葉県、愛知県にある3製鉄所に送るなどして代替生産する。ただ、厚板工場の操業停止が長期化する恐れもあり、他社への生産要請に踏み切った。

 新日鉄住金の2015年度の厚板の生産量は約500万トンで、うち半分近くを大分製鉄所で生産している。大分製鉄所では生産の大部分を占める薄板など厚板工場以外の操業は継続している。