【東京で勝浦大輔】バスケットボール男子のナショナルリーグ(NBL)とTKbjリーグが統合したBリーグは22日、東京・国立代々木競技場で開幕戦が行われ、琉球ゴールデンキングスはアルバルク東京(A東京)に75−80で敗れ、開幕戦白星はならなかった。 キングスは13点差で迎えた最終クオーターで、体を張った激しい守備から相手のミスを誘い、速攻などで差を詰めたが、終盤の追い上げも届かず惜しくも5点差で敗れた。 Bリーグ開幕の歴史的な一戦。この日のために準備された特別コートは、発光ダイオード(LED)を使ってCGで演出された。入場券は完売で9132人の観衆を集め、これまでにない注目を集めての船出となった。キングスを応援するファンも沖縄から多く駆けつけ、熱いプレーに大きな声援を送った。キングスは23日午後7時から同体育館でA東京と第2戦を行う。