【東京】AV8Bハリアー攻撃機の墜落事故について、菅義偉官房長官は23日午前の会見で「墜落事故の発生は極めて遺憾。地元(の声)に真摯(しんし)に耳を傾けながら、米側に対して要求すべきことは要求して対応を是正してもらうように進めていきたい」と述べた。 午後に就任後初めて沖縄を訪問する稲田朋美防衛相は、原因が判明するまで同機種の飛行停止を県が求めていることについて「航空機の運用に関して、住民やわが国への影響に最大限の配慮し、安全管理の徹底をしっかりと求めていきたい」と答えた。 米側からは現時点で、原因の説明はない。情報が得られ次第、県や関係自治体などに情報提供するという。