「沖縄サッカーキャンプ2017」を主催する県などは13日、県庁で記者会見し、Jリーグ14、中国・韓国の海外8の計22球団が1月から2月下旬まで県内キャンプを実施すると発表した。昨年の21を上回る過去最多22チームが、沖縄で新シーズンに向け心身を鍛え上げる。 県スポーツ振興課の瑞慶覧康博課長、県サッカー協会の具志堅朗会長、誘致事業を担ったFC琉球の李済華GM、参加球団の関係者らが出席し、概要を説明した。 具志堅会長は「海外チームの参加は、東京五輪のキャンプ誘致に向けたリハーサルになる。また、子どもたちにはJのチームを見て学んで、優秀な選手に育ってほしい」と期待した。 1年でJ1復帰を果たした清水エスパルス、県出身の我那覇和樹が所属するJ2カマタマーレ讃岐、海外8球団の計10チームが初実施。上海申花(中国)と世界最高報酬で契約した元アルゼンチン代表のカルロス・テベス、ブラジル代表で江蘇(同)のラミレス・サントスら世界のトップ選手も県内で汗を流す予定。 また、浦和レッズとジェフユナイテッド市原・千葉が1、2次の両キャンプを県内で行うなど盛り上がりを見せる。 南城市でキャンプを張る讃岐の小川徹チーム統括部長は「宿舎から練習場へのアクセス、設備、環境面は問題ないと聞いている。シーズンでいい成績を残せるよう頑張りたい」。杭州緑城(中国)のリー・レイ強化部長は「気温も暖かく、優れた環境。キャンプをするのにふさわしい」と語った。 キャンプ情報は公式サイト(http://soccer-camp.okinawa/)で確認できる。県勢5人も参加 キャンプには県勢5選手が参加する。 J2に降格した名古屋グランパス所属で、元日本代表の田口泰士(小禄中−流経大柏高出)は巻き返しのスタートを切る。J1川崎フロンターレのルーキー知念慶(知念高−愛知学院大)はプロ入り早々、地元で勇姿を見せる。 ジェフユナイテッド市原・千葉で2季目を迎える比嘉祐介(大宮中−流経大柏高−同大出)、J1昇格を果たしたコンサドーレ札幌の上原慎也(沖縄大出)、J2カマタマーレ讃岐の我那覇和樹(宜野湾高出)も開幕に向け、沖縄で調整する。