歌手で女優の知英が23日、都内で行われたブロードウェイミュージカル『スウィート・チャリティー』ゲネプロ前囲み取材に出席した。舞台初出演にして初主演となる知英は「みんなを引っ張らないといけないけど、まだなにも知らないし、みなさんに教えてもらってばかりだった。でも一生懸命やれば伝わると信じて精一杯頑張りたい」と意気込みを語った。

 2時間を超える舞台で全編にわたり日本語せりふに挑戦した知英は「イントネーションや細かいところが大変だった」と振り返り、特に難しかったせりふは「閉所恐怖症とか…」と紹介。脚本・演出・振り付けの上島雪夫氏から「イントネーションを直しているうちにわからなくなった」と苦笑され、「ちょっと間違えても、愛嬌でみてほしい」と茶目っ気たっぷりにお願い。

 KARA脱退後、歌手・女優として幅広く活躍している知英だが「自分の好きな芝居、歌、ダンスすべてがはいっているミュージカルはいつかやりたかった」と念願叶った様子で「ずっと思い続けてすてきな作品に参加できたことが光栄で、まだ夢みたいです」と感慨深げに明かしていた。

 ボブ・フォッシーのブロードウェイミュージカルである同作はニューヨークのダンスホールで働く前向きな女の子、チャリティ・ホープ・ヴァレンタイン(知英)が愛を求めて傷つき、負けずに立ち上がる姿をパワフルな歌とダンスで描く。この他、平方元基、岡幸二郎、が登壇した。