元モーニング娘。でタレントの加護亜依(28)が23日、都内で『加護亜依ライブ 秋だよ!ファン全員集合!』を開催。先月8日に38歳の美容関係の会社経営者と再婚したことを発表して以降、初のライブとなったが「妊娠をしております」とファンに報告した。

 この日ファンから大きな歓声を受けて登場した加護は、冒頭のMCで「私事ではございますが、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、結婚いたしました。イェイ!」と改めて報告。ファンから「おめでとうー!」と温かい祝福を受けると「皆さんに『おめでとう』と言われることが、こんなにも幸せなんだとしみじみ感じております」と喜びをかみしめた。

 ライブでは、辻希美とのユニット・W(ダブルユー)の楽曲「ロボキッス」や、昨年に亡くなった親友に捧げる歌として「ひこうき雲」のカバーを披露。中盤の質問コーナーでは「モー娘。で一番尊敬しているメンバーは?」と聞かれると、矢口真里(33)の名前を挙げ「ソロパートが歌えなくて、ほかのメンバーから怒られて泣いていたら、やぐっちゃんがかばってくれた」としみじみ。

 そんな矢口が起こした“騒動”にも触れると「何かいろいろあったでしょ。でも、どっちかっていうとすごく男っぽくて、いい人なんですよー」とフォロー。自身の子育ての話題では「一生懸命に娘に好かれようとして、ウチの旦那さんから『いやいや、オレの方が好きだから』って言われて…何かネタみたいになっていますね」と“ママの顔”ものぞかせた。

 ライブ終盤には「ここで、ご報告がございます。私妊娠しております」と発表。「実は隠しきれないくらいお腹がぽっこり出てまして、ちょっと出るのが早いらしくて、思い切り踊ったりしたかったのですが、まだできないんですが、しばらくは妊婦さんです」と照れ笑いを浮かべた。

 続けて「5キロくらい太っちゃって、ちょっと腰が痛いです。お仕事は続けていくので、また皆さんとこういう場所を作ってですね、妊婦の加護亜依も見ていただけたらなと思います」と力強く宣言。結婚と妊娠というWの喜びで感極まったようで「I wish」を歌唱した際には、目に涙を浮かべていた。