きょう23日に京都・賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)通称『上賀茂神社』で女優の藤原紀香(45)と挙式した片岡愛之助(44)が同日夜、自身のブログを更新。感謝の言葉とともに京都で挙式した理由をつづった。

 「私事ですが本日、世界遺産である京都賀茂別雷神社にて無事に 祈りの儀を終える事ができました」と報告した愛之助。「親族のみで、発表もすることなく、粛々と行うつもりでしたが前日に出た突然の報道でまずは驚き(笑)そして本日、大勢の報道陣の方々がいらしていたのにも驚きましたが無事 恙無く終えることができました事、感謝申し上げます」とつづった。

 続けて、ファンの祝福の声、報道陣、警備スタッフ、賀茂別雷神社の方に向けて「本当にありがとうございました」と重ねて感謝し、京都で式を挙げた理由については「愛之助の前名、千代丸の名を披露させて頂いたのが京都の南座なのです。つまり、歌舞伎俳優として産声を上げたのは京都なのです!!!!!!」と明かした。

 今月末には「日頃お世話になっている方々に妻を紹介し感謝の気持ちでおもてなしをする、披露の儀を執り行う予定」という愛之助。「その日以外は、10/3から新橋演舞場にて始まる“GOEMON〜石川五右衛門”の稽古に日々、勤しみます。明日からも日々精進します」と気持ちを新たにしている。

 2人は今年3月30日に結婚。今月28日には都内ホテルで披露宴を行う。