洋楽ディレクターとして活躍し、ユニバーサルミュージック会長などを歴任した石坂敬一さんが昨年12月31日、虚血性心不全のため亡くなった。71歳だった。葬儀は近親者のみですでに密葬にて執り行われ、2月8日に東京・青山葬儀所で「石坂敬一さんお別れの会」が営まれる。

 石坂さんは1968年に東芝音楽工業(当時)に入社。洋楽の名物ディレクターとしてザ・ビートルズら数々のヒット作を手がけ、ピンク・フロイドのアルバム『アトム・ハート・マザー』に『原子心母』と印象的な邦題を付けるなどして日本に洋楽を定着させた。邦楽でもBOφWY、長渕剛、矢沢永吉らを担当したほか、ユニバーサルミュージックやワーナーミュージック・ジャパンのCEO兼会長、日本レコード協会会長、オリコン社外取締役などを歴任。2009年に紫綬褒章、15年には旭日中綬章を受章した。

 「お別れの会」は2月8日、東京・青山葬儀所にて午前11時から開始。実行委員会委員長を日本レコード協会会長・斉藤正明氏、同副委員長をオリコン代表取締役兼CEO・小池恒氏、ユニバーサルミュージック社長兼最高経営責任者・藤倉尚氏、ワーナーミュージック・ジャパン代表取締役社長兼CEO・小林和之氏の3氏が務める。