皮膚科医に聞いてみた!グリーンネイル(爪カビ)の原因と対策じめじめする夏だから気をつけたいのがジェルネイルに生える緑色の爪カビ。「教えて!goo」にも「ネイルをしていて爪にカビが生えるのですが何か対策はないでしょうか?」との質問が寄せられている。爪カビの原因と対策、なってしまった場合の対処法を専門家に聞いた。

グリーンネイルとも呼ばれる爪カビだが、皮膚科医の森しほ先生は「『ネイルまた変えたの?夏らしいグリーンだね』とは言っていられません」と警告する。

爪カビは緑膿菌という細菌がネイルの中で繁殖してしまった状態だ。「その辺にいるごくごくありふれた細菌ですが、身体の弱った人に感染して繁殖してしまうことがあります。日和見感染といって悪さをすることがあるのです」と森先生。

■ジェルネイルを付ける前にしっかり準備

予防としては、ジェルネイルを付ける前の準備をしっかりすることが挙げられる。合成樹脂の粘液を爪に塗って乾かす作業を繰り返すが、森先生は「健康な爪であれば、爪の表面を目の細かいヤスリで整えておくと爪カビになる危険はグンと減ります」と指摘。爪とジェルネイルの間に隙間があいてしまうと緑膿菌がその隙間で繁殖してしまうからだ。「ジェルネイルが爪から浮いてしまったら、そのままにせずに、浮いた端を除去しましょう」と注意する。

森先生は「爪カンジダ症で爪が弱っている人や、抵抗力が落ちる病気にかかっている人に起こりやすいですね。もともと爪がポロポロ剥がれやすいなどおかしい点があったら皮膚科を受診してみましょう」と呼びかけている。

ジェルネイルのデザインも選んだ方が良さそうだ。「爪色を観察できるような色にしておきましょう。全面に濃い色になっているジェルネイルですと、爪の色の変化に気付きにくく、知らないうちに感染が広がってしまう危険があります」(森先生)とのことだ。

■爪カビは健康のバロメーター

爪や肌は身体の中では端っこの部分。脳や心臓などの重要な臓器と比べると身体にとっては優先順位が高くない。

「栄養が足りないとき、身体は重要な臓器に優先的に栄養を送ろうとします。ということは、栄養バランスが崩れたとき、体調が悪いときに、真っ先に影響が出るのは爪や肌。逆に言えば、爪や肌に気を配っていれば、私たちはずっと健康でいられるのです」(森先生)

爪カビは健康のバロメーターでもあった。症状が現れたら爪の処置とともに、他の部位に異常はないか、仕事などで無理はしていないか、身体全体や生活全般を点検する必要がありそうだ。

●専門家プロフィール:森しほ
皮膚科医。精神科医のゆうきゆうさん原作「マンガでわかる肉体改造」の医療監修を務める。ゆうクリニックグループは心安らげるクリニックとして評判が高い。

(武藤章宏)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)