お取り寄せグルメをテーマにした漫画『おとりよせ王子 飯田好実』作者の高瀬志帆さんが「SNSアップ用写真あるある」をTwitterで紹介し話題になっています。

 漫画『おとりよせ王子 飯田好実』の主人公・好実は、お取り寄せグルメを一人密かに楽しむのが趣味。さらに、取り寄せたグルメは写真にとり、SNSで逐一紹介しているため、グルメな人の間ではちょっと知られた「人気アカウント」という設定。好実の家はこぎれいに片付けられ、写真を撮るときは盛りつけも綺麗に、パシャリ!と描かれていましたが……実際はというと?

 「SNSにあげてる写真なんてみんなこうやって撮ってるんじゃないの?え、私だけ?」というコメントとともに、イラストが公開されています。 イラストに描かれたのは、テーブルの上の邪魔なものをどかし、写真の写る範囲だけを綺麗にするという「あるある」。この投稿には賛同する人が多く「部屋が汚いと料理だけアップにする」なんて声も。 他にも「トリミングも!」「補正も!」「真上から撮る!」なんてあるあるネタが多数集まり盛りあがっていました。

 ちなみに、『おとりよせ王子 飯田好実』は2013年に実写ドラマ化もされましたが、全7巻をもって完結しています。漫画に触発されお取り寄せグルメを購入する人は多かったのではないでしょうか。筆者は2巻登場の缶つまを購入した口です。

・画像提供:高瀬志帆さん(@hoshi1221)

(はな)