読書介助犬が大活躍!「R.E.A.D.プログラム」って知ってる?

“読書介助犬”と呼ばれる犬たちをご存知でしょうか。読書介助犬は、子どもたちが本を読む傍らに寄り添い、その朗読の声に耳を傾ける犬のことを言います。 子どもたちの立場からすると、“犬に本の読み聞かせをする”ということになるのですが、果たして犬がどのように“読書介助”の役割をしているのでしょう?

子どもたちが犬(読書介助犬)に本の読み聞かせをするという活動は、「R.E.A.D.プログラム」と呼ばれ、アメリカ・ユタ州のある図書館から始まりました。R.E.A.D.プログラムの「R.E.A.D.」とは、“Reading Education Assistance Dogs”の略で、翻訳すると“読書介助犬”といった意味合いになります。

「R.E.A.D.プログラム」は読書の魅力やコミュニケーション技術を培うために1999年に始まったプログラムですが、目的は子どもたちの学習のためだけではなく、人前で文章を読むことが苦手な子の苦手意識を克服し、自己肯定力を養うことにあります。

読書介助犬は、子どもたちのセラピスト

「R.E.A.D.プログラム」は、本を読み聞かせる相手が人間ではなく犬であることに大きな意味をもちます。

人前で本を読むことが苦手な子のなかには、「上手に読まなきゃ」「間違っちゃだめ」と自分自身にプレッシャーをかけているケースも少なくありません。
わたしも子どものころ、人前で音読することが得意ではありませんでした。「上手に読めなかったら笑われてしまうのではないか」という不安を常に抱えていたような気がします。

しかし犬は、子どもが本を上手に読めなくても、批判したり笑ったりすることは決してありません。子どもたちが読書介助犬の前で朗読を繰り返すと、以前より楽しく、自信をもって本が読めるようになるそうです。

自分を否定せず、ただ傍に寄り添って耳を傾けてくれる犬から、子どもは深い安心と自己肯定感を得るのでしょうね。読書介助犬はまるで、無言のセラピストのようです。

世界初の読書介助犬は、シェルターから救い出された犬でした

ところで、世界初の読書介助犬は「オリビア」という小さなワンちゃんだそうです。オリビアは、シェルターで安楽死寸前のところを飼い主さんに救い出され、読書介助犬となりました。実話に基づいた書籍『読書介助犬オリビア』も出版されていますので、興味のある方はぜひのぞいてみてはいかがでしょうか。

現在「R.E.A.D.プログラム」は、欧米を中心として活動の広がりをみせています。しかし日本では、TV番組などで取り上げられたことはあるものの、まだ認知度が低く、実際に活動を行う団体は少ないのが現状です。プログラムを行う場所の確保が難しいことや、認知度が低いために読書介助犬を育成する環境が十分ではないのかもしれないとの声があがっています。

でも、子どもたちが抱えるさまざまなプレッシャーやトラウマを解消するお手伝いを犬がしてくれるというのはとても素敵だと思います。日本を含め、R.E.A.D.プログラムがもっとたくさんの国や地域に広がっていくことを願っています!

文/おみつ
写真/Shutterstock

[参照元]Intermountain therapy animals