「私、失敗しないので」の名セリフでおなじみの米倉涼子(41才)主演ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系・10月スタート、木曜21時〜)が、この秋帰ってくる。

 外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため一切の妥協を許さず突き進む、失敗しない女の新たなる闘いの幕が切って落とされる。主演の米倉に話を聞いた。7月に放送されたスペシャルドラマは番組平均視聴率22%を獲得した。

「視聴者の皆さんの期待に沿えるようキャスト、スタッフが一丸となって“失敗しないドクターX”を作ってきましたが、ずっしりとのしかかった重圧は苦しかったですね。視聴率を気にしているわけではありませんが、結果にはビックリしました。

 2時間という長い時間、皆さんよく我慢してテレビの前に座って見ていただけたなぁ、って感謝の気持ちでいっぱいです。リオ五輪で女子体操選手のチームの『私たち、失敗しないので』っていう合言葉を聞いて、私たちが作ってきたドクターXがこうやって浸透してきてるということがわかり、嬉しかったと同時に、私たちも失敗できない!ってあらためて思いました。

 でも、たとえ失敗しても、その失敗から学んでいけばいいと思っています。実際私も失敗ばかりするんですが、その失敗も誇りに思っています」

 大門未知子といえば白衣×ミニスカートで美脚を惜しげもなく披露する。誰もが羨む抜群のスタイルを持つ米倉だが――。

「見えないところにお肉がついてるんですよ。ズボラだからストイックにトレーニングはできないけど、暇があればピラティスやって、あとはできるだけ歩くことを心がけています。
お肉もすごく食べるし炭水化物も食べます。撮影中はね、お弁当を全部食べちゃうと危険なので気をつけてます(笑い)。

 基本的に落ち着きがないんですよね。でも、落ち着きがないっていうことが大事なのかなって。ずーっと座りっぱなしでテレビを見ることができないんですよ。テレビを見ていてもCMの最中は立ってるとか、意識的にじゃないんですけど、気がついたら何かやってますね」と、撮影中もスタジオに流れる音楽に合わせながら体を動かしていた。

 シーズン4となる『ドクターX』。

「私がいなくても成り立つんじゃないかというくらい面白くて! キャストの皆さん濃いかたばかりなんですよ。特に、今回は医局の中の駆け引きが面白くなりそうな予感でいっぱいです」

 今作も楽しみでしょうがない。

撮影/木村直軌

※女性セブン2016年10月6日号