キャンディーズのランちゃんといえば、50〜60代の人にとっては青春時代の国民的アイドルだが、解散後、女優としてめざましい活躍を見せているのは周知の通り。10月から始まるドラマの現場密着を通して、女優としての、そして妻、母としての気持ちを、伊藤蘭(61)に聞いてみた。

「白衣を着ると、自然と役柄に入れますね。だからとても大切な衣装です」

 都内某所、10月スタートの医療サスペンスドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』の撮影現場では、白衣に身を包んだ女優たちが朝早くから撮影を行っていた。

「私が演じるのは大学病院の女性医師7名で構成される“解析診断部レディ・ダ・ヴィンチ”の部長医師。自己顕示欲が強く野心や野望がある女帝的なポジションですね(笑い)」

 女性ばかりのチームだけに、派閥や対立も描かれるという。

「でも、撮影の合間は和気あいあい。女子会トークに花が咲いていますよ」

 主演の吉田羊はテレビCMでキャンディーズの歌を踊りながら歌ったことがあり、

「羊さんが『振付に苦労しました』って言うから、『そうなの、簡単そうで難しいでしょ』なんていう話で盛り上がったりして」

 と、和やかな収録の様子がうかがえる。

「女医役は何度か経験していますが、実を言うと私自身は病院が苦手で滅多に行かないんです(笑い)。どうしても病院に行かなくてはならないときは、やっぱり女性同士の方がメンタルな部分までわかってもらえる気がして、女医さんのいらっしゃる病院へ行くことが多いですね」

 娘の趣里(26)は両親と同じ道を歩んでいる。

「顔は私に似ているとよく言われますが、気質は夫似。努力家で、お芝居に対する思いがすごく強いですね。何か言ってこない限り、こちらから口を出すことはほとんどありません」

 夫の水谷豊(64)もテレビシリーズの撮影を抱えている。

「家の中でそれぞれが台詞覚えをしていることもありますよ。豊さんはお気に入りの場所があって、そこで台本を広げていたら私は邪魔しないように別の部屋に行ったりしますが、賑やかな場所でも平気でやっていますね。私は部屋にこもってひとりで集中したいタイプです」

 医療ドラマだけに専門用語が多い台詞には苦労すると言うが、白衣をまとった姿は経験を積んだ女医そのもの。

「そう思っていただけると嬉しいけど、現場では映像チェックしないし、オンエアも録画だけしておいて、かなり時間が経ってからこっそり見るんですよ、私。できたてでまだ湯気が立っているのを見るのは、なんだか恥ずかしくて(笑い)」

 はにかんで笑う彼女は、キャンディーズの“ランちゃん”そのままだ。

撮影■田中智久

※女性セブン2016年10月13日号