新ドラマ『IQ246 〜華麗なる事件簿〜』が、10月16日(毎週日曜21時〜)から放送される。

 やんごとなき貴族の末裔として生まれ、IQ246という自分の頭脳に匹敵する難事件を求めてさすらう法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)を織田裕二(48才)が演じる。共演者はディーン・フジオカ(36才)、土屋太鳳(21才)、中谷美紀(40才)ほか。

 織田裕二といえば『踊る大捜査線』(フジテレビ系)の青島刑事のイメージが強いが、今回はなんと貴族の末裔でIQ246という天才役。「これまでのキャラと違った役どころがヒットに導く可能性も」とテレビ・ドラマ解説者の木村隆志さんは言う。

「熱血漢な役どころが多かった織田さんを執事がいる貴族の末裔にしたのは、日曜9時枠ならでは。家族で見る時間帯なので、思い切った設定でリアリティーよりもバラエティー要素の強い作品のほうが受け入れられやすいのです」(木村さん)

 織田演じる沙羅駆は、生活に困ることなく学問と知識だけを追求し、いつも暇を持て余している。そんな彼が「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する事件はないものか」と警察の仕事に首を突っ込み、難事件を解決していく。ドラマに詳しい漫画家、カトリーヌあやこさんはこう期待する。

「この設定だけでも興味深いのに、執事役にディーン・フジオカさん。人格者という設定のようですが、『謎解きはディナーのあとで』(フジテレビ系)で櫻井翔くん(34才)が演じた毒舌執事のように、仕える身でありながら、主人に意見するような癖のあるところを見せてほしいですね」

 ドラマの中で沙羅駆に振り回される(?)であろう刑事役には土屋太鳳、そしてバレエダンサーの宮尾俊太郎(32才)、元宝塚トップスターの真飛聖(39才)ら個性的な面々が。

「宮尾さんが演じる山田次郎は捜査一課の刑事で、東大、ハーバード大学を卒業した超エリートの役柄。でも沙羅駆に名前を憶えてもらえないなど、ちょっとバカにされている感じも人間らしくていい。天才同士では中谷さん演じる法医学専門医とどうかかわっていくかも見もの」(カトリーヌさん)

 またカトリーヌさん、木村さんともに注目するのは演出を担当する木村ひさしさん。

「チーフディレクターを務めた『99・9-刑事専門弁護士-』(TBS系)でも録画して繰り返し見てやっと気づくようなところに小ネタを仕込んだりと、遊び心のある監督。今回も何度か見ないとわからない箇所に小ネタを入れて、ツイッターなどで大いに盛り上がるはず」(木村さん)

 二度三度見るたびにおもしろみが増すこと間違いなし!?

※女性セブン2016年10月13日号