クライマックまであと2か月。ますます盛り上がりを見せるNHK大河ドラマ『真田丸』。天下分け目の戦いの中、徳川家康(内野聖陽)の舵取りをする独特の存在感を放つのが、家康の側室である阿茶局だ。大坂冬の陣では、徳川家を代表して豊臣家と交渉にあたる山場を控える阿茶局役の斉藤由貴(50才)が、戦国時代の女性の矜持や、役者たちの撮影裏話を語った。

――阿茶局はどういう女性?

斉藤:家康には旭姫という正妻がいるので、実質的には側室ですが、家康に一貫して寵愛を受けた聡明な女性です。だけど私の捉え方はとてもシンプルで、武将である以前に、ひとりの男として徳川家康という男に惚れて、この男のために全身全霊をもって尽くす、ということを決心している女性だと思っています。

――家康のどこに惚れている?

斉藤:家康は小心者だし、小狡くて二枚舌的なところがあるにも関わらず、いざという時の行動力がすごいんですよね。いざやるとなった時、情勢をものにする強運みたいなものを、阿茶は感じているのかもしれないです。

 自分の愛する男に、天下人となって世を統べて欲しい。寧もそうだったろうし、トップの武将に仕える女であれば、誰もが考えることだと思います。だけど、最近はちょっと違う見方もしているんです。

 家康の小狡さみたいなものを知っていて、この人はどうかな、という気持ちも多少はある。それでも自分の男には天下を取ってほしいという、女のエゴを通しているところもあるのかなって、思ったりもします。

――この時代の女性のプライドを、斉藤さんはどう考えていますか?

斉藤:戦国時代で、実戦にまみれるのは男性なわけですから、女性は圧倒的に立場が低い時代ですよね。その制約があるなかで、いかにして自分の考えを表現していくかというのは、知恵の絞りどころだと思うんです。

 今の時代は“男女平等”が死語になりつつあるくらい、女性も権利があって自由になってきました。でも、自由さゆえ見えなくなっている部分、頭を使わなくなっている部分がある気がするんです。

 女性は表舞台に立つことはなかったにせよ、この戦国時代の制約があるなかで、女性の創意工夫のようなもの、本当の意味での才覚みたいなものが、試された時代なのかなと思います。

――収録合間の雰囲気はどうですか?

斉藤:とても和やかです。面白い芝居がしたいという共通項だけ、みなさんはっきりしています。特に三谷(幸喜)さんが選出する役者は、純粋に俳優という仕事が好きな人たちばかりですから、自分らしく振るまえます。

 特に家康役の内野さんは、ほんっとうにバカなんです(笑い)。ただのバカじゃなくて、役者バカなんですよ。徹頭徹尾、芝居のことしか考えてない。自分がどうしたら、家康としての役柄を深められるか、120%そのことしか頭にないと思うんですよ。完全に芝居に魅入られちゃってるんだなって、見ていて面白いです。

――お互いに、芝居はこうした方がいいんじゃないか話し合う?

斉藤:指図するようなことはないんですけど。たとえると、ジャズは1人が始めると演奏者が集まってきて、いつの間にかセッションになるのと同じで、誰かが台詞を始めると、みんなで自主練になるわけです。すると、助監督さんたちは撮影を始めたいのに、一区切りするまで待とうって雰囲気になるんです(笑い)。

 そうして台詞を合わせているうちに、この感じもおもしろいかもね、という案がどんどん出てきます。それが純粋に、演じる者として楽しいです。

――清水ミチコさん(旭役)は、話さないのに存在感がありますよね。

斉藤:そうですね。清水さんは出演を受ける時、「台詞を喋らなくてもいいなら出てもいいですよ」って三谷さんに言ったんだそうですよ。そんなオファーの受け方があるのかってびっくりしました(笑い)。お2人はつうかあの仲なんだなって、改めて思いましたね。

――寧や茶々のシーンは、数少ない女性ばかりのシーンでしたね。

斉藤:鈴木京香さん、竹内結子さん、長澤まさみちゃん、私というくだりがあったんです。これは大河じゃないと成立しない豪華な面子だと思って、みなさんに一声かけて、ピースして4ショットで写真を撮りました。そして、そのまま三谷さんにメールで送ったんです、喜ばれるかなと思って。

 女優4人で、「三谷さんが宮崎駿さんそっくにりなっているらしいよ」って話で盛り上がっていたので、その旨をメールで書いたら、すぐに返信が届いて、宮崎駿さん激似の自撮り写真が添付されていたんです(笑い)。

 そこに似せるポイントが添えてあって、「窓辺で夕日を見ている感じと、チェックのシャツです」と書いてありました。それをみんなで見て、三谷さん面白いねってまた盛り上がった、そんな撮影現場でした(笑い)。

――演技面で言われた、印象的な三谷さんの言葉は?

斉藤:登場した初期にメールが来て、「素晴らしい。ああいう始まりでバッチリです」というメールをいただきました。返事をしなかったんですけど(笑い)。なぜかというと、まだまだ阿茶は未知数だったので、そこで「ありがとうございます」と言ってしまうのもどうかなと思ったんですよね。この褒め言葉は、自分の「頑張ろう」という気持ちのために取っておこうと思いました。

――ほかにもメールのやりとりはありますか?

斉藤:ほかに印象的なメールは、ハロウィンの時期に機関車トーマスの被り物をした三谷さんが、息子さんと一緒に歩いている写真(笑い)。ちょうど『真田丸』の撮影が始まった頃だったから、脚本を書いているはずなのに、意外と余裕があるのね、って感じました(笑い)。

――よくお話をされる役者は?

斉藤:豊臣方でいうと、石田三成役の山本耕史君。彼のことは子役時代から知っているんです。彼はゲーマーで、甲冑を着たまま携帯ゲームをしていたりするので、「1日どれくらいプレイするの?」「課金はしてないの?」とか、そんな話をします(笑い)。

 真田方でいうと、まさみちゃんです。一緒にご飯食べに行こう話すのですが、お互い忙しくて実現しないんです。彼女は特に飲食店に詳しいので、「収録の後に渋谷でおいしいものを食べたいんだけど、どのお店に行けばいい?」とメールをすると、「ここおいしかったよ」という返事をくれますよ。

【斉藤由貴(さいとう・ゆき)】
1966年9月10日生まれ。神奈川県出身。1984年、第3回「ミスマガジン」グランプリ受賞で芸能界入り、翌年『卒業』で歌手デビュー。同年『スケバン刑事』(フジテレビ系)にて、連続ドラマ初主演。歌手活動と並行してドラマ、映画、舞台などの女優業に力を入れているほか、幅広い分野で活躍している。

◇NHK大河ドラマ『真田丸』
毎週日曜、NHK総合20時、BSプレミアム18時放送。後世に真田幸村の名で「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と評されることになる、真田信繁の成長物語。三谷幸喜脚本。