「自分の背中ってあまり見ることがないから、あーこういう背中してるんだみたいな。これが32才の女性の背中ね…私、意外とここの凹凸があるのねーみたいな…」

 10月1日深夜0時、ラジオ番組『ミッドナイト・ダイバーシティー〜正気のSaturday Night〜』の初回生放送に臨んだベッキー(32才)。放送冒頭では「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27才)との不倫騒動を「今年に入ってからの一連の騒動で皆さま本当にお騒がせしました。ごめんなさい」「すべての声を受け止めてます。一歩一歩歩んでいきたいと思います」と改めて謝罪した。

 神妙な声で謝った後は、「私なんかに人生相談」というタイトルのコーナーを続けた。時折、声が上ずるが、努めて明るくしている雰囲気が伝わる。そして、自分の言葉でこの8か月間をポツリと語り始めた。

 ここに来て、ようやく、少しずつ、動き始めたベッキー。9月29日には、日本経済新聞の朝刊に掲載された一糸まとわぬ大胆な背中ヌードも大きな反響を呼んだ。「宝島社」のカラー見開き広告で、トレードマークのロングヘアもバッサリと切り、裸一貫の再出発を印象づけた。

 8月初旬に35cm以上髪を切った。広告写真で見てほしいと思い、掲載されるまでの約2か月間はショートカットが周囲にバレないよう、自宅の寝室にいるとき以外はロングのウイッグを付けていた。コラムニストの辛酸なめ子さんは、渾身の「痩身ヌード」をこう評価する。

「肩甲骨が背中に出ているほどの激やせぶりに、かえって健気な感じがしました。彼女がずっと引きずっていたマイナスイメージを、うまく仕事につなげた印象です。セクシーな谷間ではなく背中で薄幸感を出すという計算され尽くした写真です」

 悲哀が滲み出た背中に触発されたのか、広告写真を掲載したベッキーのインスタグラムに寄せられた「いいね」は8万件を超えた。

 合計11本のレギュラー番組を失い、CM打ち切りなどで5億円の損害金が発生したと噂され、4、5kgはやせたというベッキー。不倫騒動から8か月―─幾度となく謝罪を繰り返し、やせた裸体を披露し、ようやく1本のラジオ番組に出演。自らの言葉で語ることが認められ始めた。

 彼女が背中ヌードを披露したちょうど同じ日、川谷の「新たな恋」が『週刊文春』で報じられた。記事によると、川谷のお相手はタレント・ほのかりん(20才)。三軒茶屋のバーで出会ったふたりはすぐに恋仲となり、9月下旬には栃木県で梨狩りと温泉を満喫した。

「川谷さんは騒動を機に新居を構えていましたが、年下恋人ができて、彼女を元妻と結婚生活を送っていたマンションに呼び寄せ、半同棲をしていたのです」(芸能関係者)

 川谷とバーで飲酒したと報じられたほのかりんはその後、レギュラー出演していたNHK・Eテレの『Rの法則』を降板した(飲酒当時は19才)。未成年飲酒が問題視されたと見られている。

 この8か月間、川谷は休業することもなく音楽活動を継続し、ライブでは、「ネットとかでみんな謝れって言うけど、世間の誰に謝ればいいの?」と言い切ってきた。いくら謝罪しても表に出れば炎上し叩かれるベッキーとは反対に、自由な発言は「さすが!」と支持すらされた。

「不倫騒動で知名度が上がり、アルバムの売り上げも格段にアップした。音楽活動は好調で全国ツアーはどこも満員御礼です。川谷さんにとっては『ベッキー様様』と思っている側面もあるのでは」(前出・芸能関係者)

 川谷はSNSで奔放な発言を続け、ほのかりんとの交際発覚直前にはインスタグラムに、

〈消えてなくなりそうなものを追っかけてきた人生でそれなりに楽しかったけど、それだけじゃダメなんだよな。あと2ヵ月くらいで28歳か。思い描いていた28歳とは程遠いな。なあ絵音〉

 と自らに語りかけるポエム調の文章を掲載。さすがに世の女性の反感を買った。

「運命の人でも何でもない女の人なら誰でもよかったのね」(42才主婦)
「舌の根も乾かないうちに今度は19才。しかもバレバレに。ベッキーをおとしめたいわけ?」(35才会社員)
「男ばっかりサッサと次に…ってイライラします」(50才主婦)

 作家の雨宮まみさんも斬って捨てる。

「露出の少なかったベッキーさんが限界まで肌を見せて、ようやくここまでこぎつけたのに、一方の川谷さんは新しい未成年の彼女とつきあい、そのうえ番組降板に追い込んだ。つきあう女性を次々に不幸にすることから、川谷さんはネットで“ゲスノート”と呼ばれています」

“怪進撃”を続けてきた川谷だが、10月3日、彼女が未成年であることを知っていながら飲酒をさせた責任をとって、活動自粛を発表した。

※女性セブン2016年10月20日号