視聴率20%台で順調なスタートを切っているNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。今までの朝ドラと同じように、ヒロインの子供時代が丁寧に描かれた。子役パートは朝ドラではおきまりだが、毎回、言われるのは「子役パートは要らないのではないか」という声だ。子役パートは本当に必要なのか? テレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
『べっぴんさん』の第1週が、例によって子役パートからはじまりました。「最初が面白くなければ、その後の放送は見ない」と結論を急ぐ視聴者が増え、「早くヒロインを出せ」と言われかねない中、なぜ朝ドラは子役パートを作り続けるのでしょうか? 脚本・演出、長年の視聴者、この2点に、その理由が潜んでいます。

 何より、脚本・演出の面で子役パートは重要。そもそも子役パートには、「すべてはここからはじまった」というプロローグを担い、全編に渡るコンセプトを伝える役割があります。『べっぴんさん』でも、ヒロインの坂東すみれ(渡邉このみ)が、母に贈る刺繍のハンカチを通して、「べっぴん作りを一生の仕事にしていく」というコンセプトが描かれました。

「視聴者に主人公の性格を知ってもらう」という観点でも子役パートは欠かせません。どんな家に生まれ、どんな人々に囲まれて、どんな育ち方をしたのか。視聴者に幼いころから見守ってもらうことで、「主人公を好きになってもらおう」という意図があります。

 これは裏を返せば、子役パートは、両親、兄弟姉妹、祖父母、幼なじみなど、「ファミリーの自己紹介をする期間」ということ。朝ドラは、半年間、25〜26週、150〜156話に渡って放送されるだけに、主人公だけでなく、主要人物のキャラクターをしっかり見せておく必要があるのです。

 また、朝ドラの子役パートでは、主人公が苦しい環境に置かれたり、悔しい思いをしたりなどのネガティブなシーンが描かれるのが定番。その後、人生を切り拓いていく前の出発点となるのですが、『べっぴんさん』でも母・はな(菅野美穂)が亡くなり、すみれは悲しみに打ちひしがれながらも、べっぴん作りの夢を見つけました。

 ちなみに、すみれのモデルとなった坂野惇子さんの母親は、長生きしたそうです。つまり、「朝ドラはモデルやモチーフはあっても、基本的にフィクションであり、作り手が脚色している」ということ。子役パートの苦境を鮮明に演出することで、作品全体をドラマティックなものにしているのです。

 もう1つの側面は、長年の朝ドラ視聴者。コアなファンや中高年層の中には、新たな作品がはじまるたびに「今回はどんな子かな」と、子役パートを楽しみにしている人が多いのです。

 歴史を振り返っても、1974年放送『鳩子の海』の斎藤こず恵さん、1983年放送『おしん』の小林綾子さん、1996年放送『ふたりっ子』の三倉佳奈さん、三倉茉奈さん、2006年放送『純情きらり』の美山加恋さん、2015年放送『あさが来た』の鈴木梨央さんなど、各年代で話題を集めた子役がいました。

 朝ドラには、かわいらしさや、主演と顔が似ていること以上に、演技力重視で子役を選んできた歴史があるため、視聴者の期待値は高いものがあります。子役たちがその期待に応え、視聴者から「○○ちゃんの演技が凄かった」という称賛が毎回のように挙がるなど、いい意味での信頼関係が築けているのでしょう。

 しかし、近年ヒロインの人選が変わった影響で、子役への視聴者目線がシビアになっている点は見逃せません。かつて朝ドラは、新人スター発掘の場であり、ヒロインが無名だったため、子役が知名度で劣るということはありませんでした。「ヒロインも子役も、両方知らないから気にならない」という雰囲気だったのです。

 しかし、近年は実績十分の女優がヒロインを務める路線が定着して、「演技のヘタな子役、かわいくない子役を出すくらいなら、早くヒロインを出せ」という雰囲気が生まれてしまいました。そこで制作サイドは、ヒロインと同様に実績のある子役を起用することで、そのような厳しい目に対応しています。

 実際、渡邉このみさんは『まれ』に続いて2回目の朝ドラ出演だけに、堂々たる演技を披露していました。いい形で芳根京子さんにバトンを引き継げましたし、今後も何度となく回想シーンでその姿が見られるでしょう。渡邉このみさんが演じたものが、軸となり伏線となり、最後まで物語に関わっていくのです。

 朝ドラが『あまちゃん』のような主人公の一時期ではなく、半生を描くものである限り、子役パートの重要性は変わらないでしょう。『べっぴんさん』は、放送から2週間、NHKオンデマンドで無料配信されているので、見逃してしまった人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。