最近井戸端会議の話題になっているのは、アンジェリーナ・ジョリー(41才)とブラッド・ピット(52才)、伊達公子(46才)とドイツ人レーシングドライバーのミハエル・クルム(46才)、2組の夫婦の離婚だろう。ともに10年以上の結婚生活でうまくいっているように見られていただけに衝撃は大きかったようだ。

 タレントでリポーターの菊田あや子さん(56才)は、昨年9月、10才以上年上の男性と初めての結婚をしたが、今年3月には離婚。だからこそ、両者が気になる。

「私の場合は結婚生活6か月というスピード離婚ですから“そりゃそうよね”という感じだと思うんですけど、彼女たちの場合は10年以上一緒にいて、ずっと円満に見えていたにもかかわらず離婚でしょ?

 私も結婚して初めてわかったんですけど、夫婦は妥協と忍耐なんですよ。元夫は例えばカサブランカを飾るのも“花粉が飛び散る”“においが強い”と言って怒る人で、極度の潔癖性やあまりに違う価値観に、私は限界を感じたんですが、世の中の奧さんたちもみなさん、いろんなものをのみこんで、我慢を重ねて結婚生活を送ってらっしゃる。そういう意味で、アンジーは、意外に私たちと変わらないんじゃない?って思ったりするんじゃないかしら(苦笑)」

 菊田さんが共感するのは、アンジーが離婚を決めたという日の1週間ほど前に、子供たちと住むための新居(家賃約950万円)を、見ることもなく手配していたと報じられていること。

「女ってそうなんですよ、“別れる”と決めたら、即行動。つまり下準備をしていたんですよね。だって私も、別れを決めたその日の夜に、ウェブで郵便転送の手続きをしましたから。とにかく一度荷物を運び出さなきゃいけないんですが、部屋を探すとなると時間かかるでしょ?

 じゃあ貸倉庫はっていろいろ見て、あぁ、高いな、もったいないな、って思ったり。でもアンジーはリッチだし、こういうこと、わけないでしょ? おまけに前途洋々ですからね(笑い)」(菊田さん)

 ブランジェリーナについて、ウェブサイト『セレブ☆タイムズ』の編集長・桜井美和さんは、世界的大騒動となったジョニー・デップとアンバー・ハードの泥沼離婚劇の倍以上の注目度と語る。

「本国の新聞や雑誌はもちろん、ネット記事も次から次にアップされていくので、私たちも必死です(苦笑)。アンジーとブラピは、圧倒的な容姿と完璧なキャリアでハリウッドを象徴するようなカップルですからね。

 養子も3人いて人道支援もしていますし、実子のシャイロちゃんが生まれたときはアメリカの『ピープル』誌と、イギリスの『ハロー!』誌に、初公開写真掲載の権利を計760万ドル(約7億6000万円)で契約して、それを全額慈善事業へ寄付しています。

 一方で始まりは、ブラピがジェン(=ジェニファー・アニストン)と結婚してたときの略奪。今回の離婚を受けて、『ニューヨーク・ポスト』紙が、ジェンの笑っている顔を一面に取り上げたりしているんですが、さすがに10年前の妻にさかのぼって“やっぱり略奪だったから”というのもおかしな話なんですけど、それが多くの人の気持ちを如実に表しているんでしょうね」

 やっぱり、人の不幸は蜜の味―─そう指摘するのは、作家の亀山早苗さんだ。

「私はバツイチなんですけど、離婚したばかりのときに、ある友達が人に私を紹介するとき、“彼女、離婚したばかりで、かわいそうな人なのよ”って言われたことがあるんです。すごくカチンってきたんですけど、友達に悪気はなさそうで、だから、どこかにそういう本音があるんだなって思いました。

 結婚、離婚、子供の有無、夫の年収、子供の学歴など、常に人と比べて、自分の幸せ度の確認作業をしたり、人をひきずりおろすことによって自分が相対的に上がって満足する人は世の中にいっぱいいるんですよね。そういう人にとって、特にアンジーなんて何もかも持っていて手も届かない世界の人なのに、“でも、ブラピと離婚だって、ウヒヒ”っていうところがあるんだと思います」(亀山さん)

 コラムニストの辛酸なめ子さんは「平凡も捨てたもんじゃない」と改めて実感中。

「離婚のきっかけが、プライベートジェット機内での夫婦げんかおよびDVという報道がありましたけど、普通にエコノミークラスに乗っていたら人目もあったし、FBIが介入する事態にまではならなかったでしょうね。

 セレブだからこその波瀾万丈なんですが、平凡だからこその幸せもあるんだなって感じている人もいるでしょうね」

 あげたり、さげたり、共感したり、反発したり…じわりと広がる意地悪で、時にあたたかい女性観。隣で寝ている平凡な夫を見ながら、「これでよかったのかなぁ」とため息をついたのは、きっとあなただけじゃないはず。

※女性セブン2016年10月20日