お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次(38才)が、個性豊かな人物になりきってインタビューに答えるフリーマガジン『honto+』の連載に「こんな人いる!」、「おもしろすぎる!」と思わず笑ってしまう人が続出中。架空のクリエイター16人になりきった必笑ネタが書籍化された。いそうで、いない? いなさそうで、いる? そんな、なりきりトップクリエイターから人気の“2人”を解説付きでご紹介。

◆揚江美子(47才)
 トータル・ウェディング・プロデューサー/しあわせプランナー

「夜中の2時3時だろうが、急遽呼び出すかもしれない、最高の一日にするために」と、入念な打ち合わせは、深夜であっても呼び出すのが信条の揚。『POLAR BEAR WEDDING』の群馬県代表としてすべてを仕切る、伝説のウェディング・プランナー。“他とは違うウェディング”をやるのがポリシーで、計142着のお色直しをしたプランを行ったことも。

◆竜斎雲
 書道パフォーマー 書道ライフアドバイザー/書道ライフナビゲーター ワードパティシエ/斎雲流 神田・斎雲会館館長

「墨じゃなくても字は書ける。チョコレートソースでも、トマトピューレでも」と、若い世代に字を楽しんでもらいたいと語る。文字を通じて人の心を探り、書にかかわる人間なら知らない人はいないという人物。竜一門の師匠である竜雷太の元で修行をした後、32才で斎雲流の流派をもつことに。

『honto+』で2015年4月から連載がスタートしたこの企画『クリエイターズ・ファイル』。4ページ好きにやれるという話をもらった秋山は「誌面で贅沢にコントをやらしてもらえないかと考えついたのがきっかけ」と話すとおり、場所、カメラ、かつら、衣装などすべてハイクオリティーで撮影を行っている。

「収録が始まるまで名前と職業以外は決めていません。基本的にインタビュアーに3時間近く質問攻めにされるのがルールなので本物っぽい名言がでる時もあれば、収穫も少ない回があります(笑い)。今後はトップブリーダーをやりたいですね。股上の深〜いジーンズをはきたいです(笑い)」(秋山)

『クリエイターズ・ファイル Vol.01』(ヨシモトブックス刊、1512円)には、16人のクリエイターたちのインタビューを収録。付属するDVDには動画も収められている。

※女性セブン2016年10月20日号