大正12(1923)年生まれ、現在92才の作家・佐藤愛子さんのエッセイ集『九十歳。何がめでたい』が15万部を超えるベストセラーになっている。

 人の子育てに対するネット上の批判を《いちいちうるせえ》と一刀両断し、そんな社会の風潮を《イチャモンつけの元祖である私でさえただ呆気にとられるばかり》とピシャリ。甘ったれた悩み相談には《私にいわせれば「怠け者」だ》《ふりかかった不幸災難は、自分の力でふり払うのが人生修行というものだ》と喝破する。鋭く的を射た“怒りの金言”に、多数の読者から絶賛の声が届いている。

 《聞えない》《力が抜ける》《あちこちがむやみに痒い》…次々に起こる体の故障について、著書の中で佐藤さんは嘆く。ところが周囲には「老化」のひと言ですまされてしまい、そのつらさを理解してもらえない。実際、それらを体験していない私たちには全くわからない…。

 98才の評論家・随筆家の吉沢久子さんも言う。

「耳がちょっと遠いので、はっきり聞こえない時は、何度も言ってもらうようにお願いするの。おしゃべりするのもだんだん息苦しくなってきました。

 血液が足りなくなると心臓の働きが悪くなるそうなので、今は5週間に1回、病院で輸血してもらうために入院しています」

 高齢になれば骨粗鬆症が進んで骨折もしやすくなる。94才にしてなお舞台に立ち続ける現役最高齢の漫才師・内海桂子さんは、84才の時に初めて右手首を骨折。「一日でも早く三味線が弾けるように」と懸命のリハビリに励んだ。85才で乳がんが見つかり、87才のときには大腿骨を骨折する大けがをした。

 ニュースでは、老後破産や介護地獄など、とかく長く生きることに伴う大変さばかりが伝えられる。そのためか、中高年向けの雑誌では「ピンピンコロリ」の言葉が飛び交い、本誌でも、認知症予防や健康に関する記事は常に人気企画だ。

 しかし、吉沢さんは、「年だから、病気するのも当たり前。生まれてから98年間、心臓だって一度も止まらずに動いているんですから。よく働いてくれました。今、止まっても文句は言いませんよ。だから、病気になってもいいですが、病人になってはいけないと思ってます」と朗らかに語る。

 私たちは「もうダメ」「病気かも」などと、つい不安ばかりを口にするが、それではたちまち病人になってしまう。そうではなくて、たとえ病気になっても常に前向きでいることが重要なのだ。だからなのか、吉沢さんは、とても98才とは思えないほど若々しく、おきれいだ。吉沢さんに限らず、昔の腰の曲がったおじいちゃん、おばあちゃん像とはまるで違う。

 実際、日本老年学会の調査によれば、現在の高齢者は「昭和の高齢者に比べて5〜10才若返っている」ことが想定されるという。1992年の高齢者と2002年の高齢者を比較すると、歩行速度が11才若返った。知能検査のデータでも、最近の70代の平均得点は10年前の60代に相当するというから、「若返り」のペースは驚くほど急速だ。

 医学博士で白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二さんはその理由についてこう話す。

「食生活など生活習慣が改善されたり、血圧がコントロールされるようになったことで病気の罹患率が低くなり、健康状態がよくなった。医療の発達だけでなく、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)が向上したことが大きいと思います」

 内海さんは87才のときの骨折中の際も仕事を続け、今も浅草の東洋館で毎月8回は舞台に立つ。まさに“生涯現役”のお手本のような存在だ。

「私が健康のためにやっているのは『腰歩き』。道路にまっすぐ引かれた白線を、またぐような感じで歩くんですよ。腰を左右に突き出しながら。そうすると、寝ている間に固まった筋肉がほぐれて歩きやすくなる。足だけで歩こうとせず、腰で歩くのがコツです」(内海さん)

 今は自宅から浅草まではタクシーを利用するが、

「歩けば20分くらいで、歩こうと思えば今でもいくらでも歩けます。だけど歩いているとケチに思われるだろうから、私はタクシーに乗るのよ」

 と言って内海さんは笑った。

※女性セブン2016年10月20日号