前夫との離婚、24才差の再婚、脳梗塞と復帰。波乱の人生を送る磯野貴理子(52才)が、再び悪夢に襲われた。今回は、夫の起こした暴力沙汰。満身創痍の体で後始末に奔走した貴理子と、うろたえるばかりの夫…。彼女はまたも男に泣かされる。

 最後の客の退店を笑顔で見送ったバー店主は、一転、本誌の直撃で表情を失った。

──突然の訪問ですいません。A子さんの件でお話を伺いたいのですが
「え、え…。な、なんですか?」

──A子さんへの暴力行為を巡って、示談交渉されていますよね?
「いや、ちょっと、えっと、なんの話ですか」

 10月7日の深夜2時。東京・青山一丁目のバーの前でしどろもどろになったのは、磯野貴理子の夫、高橋東吾氏(28才)である。彼の脳裏に、忘れがたい一夜の過ちが甦っていたのか。

 2012年9月、24才差の結婚で世を騒がせた貴理子と東吾氏。ホテルのバー店員と客という間柄から夫婦に発展したふたりは、結婚後、貴理子がスポンサーとなり東吾氏が自分の店をオープンさせるなど、公私にわたり支え合ってきた。

 2014年10月に貴理子が脳梗塞で倒れると、年下夫の献身的な看病が報じられた。2か月後に退院した貴理子は「夫は命の恩人です」と話していたが、入院中に起きたある出来事以来、この夫婦は大きな問題を抱えてきた。夫婦の知人が語る。

「実は東吾さん、酒に酔って暴力騒ぎを起こしてしまい、被害者との間で弁護士を入れた示談交渉を続けているんです。貴理子さんも交えて話し合っているのですが、一向に着地点が見えません」

 発端は2014年11月、東京・歌舞伎町のバーでの出来事。この日、貴理子のレギュラー番組『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)の担当ディレクターを囲む飲み会が開かれた。

 当時、貴理子は脳梗塞で入院中。代わって参加したのが、夫の東吾氏だった。飲み会に同席した人物が語る。

「貴理子さんが倒れた直後だったので、周囲からは“飲んでていいの?”という声も上がりました。でも、彼は“大丈夫、大丈夫”って軽い感じで。異変が起きたのは深夜1時を過ぎた頃。東吾さんは隣に座っていた女性を口説いているように見えました。そこに別の女性が割って入ったんです。何やら東吾さんに文句を言っているようでした」

 東吾氏に意見した女性は、同じく飲み会に参加していたA子さん(30才)だった。都内在住の専業主婦で、“口説かれていた”女性の友人でもあった。

「いいかげんにしなさいよ」

 そう言って東吾氏を注意したところ、事態は壮絶な展開に。

「東吾さんが、A子さんの顔面に殴りかかったんです。彼女は口元から大量の血を流し、店内は騒然となりました。酔っ払っていた東吾さんもさすがに我に返りましたが、周囲に促されたのか、すぐに退店してしまった。A子さんは友人に付き添われて救急病院に向かいました」(前出・同席した人物)

 診断結果は、右上歯の歯根破裂と顔面外傷後瘢はん痕こん拘こう縮しゆく(皮膚の変形)。全治6か月の重傷だった。

 東吾氏は長年キックボクシングの経験がある。いかなる言い訳があったとしても、女性を殴っていいはずがない。

「一歩間違えたら命の危険さえあった。言語道断の行為で、刑事事件になってもおかしくないです。ただ、A子さんはこの件を表沙汰にしたくなかったようで、弁護士に相談したんです。一緒にいた友人に迷惑をかけたくないという思いもあったんでしょう、被害届は出しませんでした。でも、あれだけひどいことをしながら謝罪もなしに去っていった東吾さんへの怒りが消えることはなく、治療費を含めた示談金の交渉に入ったのです」(A子さんの知人)

 東吾氏側も暴力行為は認め、A子さんと交渉の末、示談金を払うことになったという。

「示談金は数百万円ほどと聞いていますが、まだ支払われてはいないようです。A子さんは被害後しばらくまともに食事もとれず、今も治療に通っています。金額は小さくないですが、治療費や慰謝料も含めて譲れない一線だった。A子さんの悪夢は全然終わっていない。もう限界に来ています」(前出・知人)

 本誌・女性セブンはA子さん本人に話を聞いたが、「なぜその件を知っているんですか? 細かいことはお話しできません」と、話すのみだった。

◆「出資婚」と揶揄されて

 前述の通り、当時貴理子は脳梗塞で入院中、退院1か月前のことだった。呂律が回らず、足下もおぼつかない貴理子を見て、とっさに東吾氏が救急車を手配し、大事に至らなかったといわれる。

 貴理子の言葉通り、東吾氏は「命の恩人」であり、入院中も毎日お見舞いに行き、昼夜のリハビリに付き添う献身ぶりを見せていた。

「だからこそ、貴理子さんのショックは大きかった。闘病中に支えとなっていた夫が、一方で暴力沙汰を起こしたというんですから。彼の別の顔を見てしまったというか…。体の回復のことだけ考えなきゃいけない時期に、心労が重なりました」(貴理子を知る芸能関係者)

 貴理子の退院後、東吾氏には1人の男性弁護士がついた。彼は、貴理子がレギュラー出演中の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で共演する有名弁護士B氏だった。

「貴理子さんの紹介でしょう。彼女、退院後もリハビリを続けて、何種類もの薬をのんで、という大変な日常のなか、夫の不祥事の後始末に駆けずり回らなければいけないなんて…。自分の治療費もあるし、今後仕事もどうなるかわからない。夫の経営するバーだって大儲けしているわけではないですから、示談金の交渉にも慎重になっていたはずです」(貴理子の知人)

 前出の芸能関係者も嘆息する。

「貴理子さん、レギュラーは3本ありますが、言うほどお金はないと思います。脳梗塞から2か月で仕事復帰した時も、“早すぎる”って周囲は驚いていたんです。ホント、彼女は夫で苦労しますね…」

 2009年11月、マネジャーだった前夫と離婚した貴理子。原因は彼の浮気だった。東吾氏との二度目の結婚は、24才差という年齢に加え、彼にバーの開店願望があったことから、「出資婚」とまで揶揄された。若いイケメン夫がまた浮気をしたらどうしよう…。貴理子は日々、そんな不安を友人に吐露していると報じられたこともある。

「今度は夫の暴行と示談金ですか。法律番組に出ている彼女にとって、足を引っ張る話ですよ。貴理子さんはもともと、高畑裕太さんと同じ事務所だったんですが8月にその古巣から独立しています。支えとなるべきは東吾さんなのに、逆に貴理子さんがやつれていくようで…」(前出・貴理子の知人)

 冒頭、東吾氏は女性セブンの質問にうろたえるばかりだった。

──貴理子さんはなんと?
「いや、その…。なんの話かよくわからないので」

──B弁護士は貴理子さんの紹介ですよね?
「えーと、そういう話になってるんですかね。ちょ、ちょっとぼくはわからないです。知らないです」

──あなた自身が起こした暴行ですが
「な、なんすかね。え〜、えっと。わからないです。ホントすいません。お疲れ様です」

 それだけ話すと店に戻っていった。

一方、B弁護士に聞くと、こう回答した。

「ほぼまとまっている示談金についてはいつでもお支払いする用意があります。そのことは相手方にも昨年12月の時点でお伝えしています。ただし、示談書の文言について一部一致していないので、お支払いできない状況です。本件発生に至る事情としては、被害者側に軽視できない落ち度があったものと考えていますが、この点について双方に事実の争いがあります」

※女性セブン2016年10月27日号