夜遅くのファミレス。10月に入ったというのに、その日は熱帯夜で、店内には冷房が効いている。入り口からいちばん遠い奥まった席にカップルが座る。つばの広いストローハットを目深に被ったままの女性と、向かい合って座る黒縁メガネの男性。ふたりはお互いの皿を交換しながら、時間遅れの夕食を楽しんでいた。

 食事を終えると女性がひとりで店を出た。歩きながらたばこに火をつけると、駐車場に止めていた真っ白なスポーツカーの運転席に滑り込む。すると数分後、彼も出る。周囲を気にしながら助手席に乗り込むと、車は発進した。

 くわえたばこのままハンドルを握る女性は蒼井優(31才)だった。向かった先は、彼女のマンション。日付けが変わってもふたりが出てくることはなかった。

 恋多き女といわれる蒼井のお相手の男性は、2才年上のシンガーソングライターの石崎ひゅーい。一風変わった名前だが、「ひゅーい」は本名だ。

「蒼井さん、今回のお相手も実は共演者。撮影後、連絡を取り合いしっかりモノにしたようですね」(映画関係者)

 ふたりは12月3日公開の映画『アズミ・ハルコは行方不明』(松居大悟監督)で共演している。

「撮影は昨年秋に行われました。主演が蒼井さんで、映画初出演のひゅーいさんが相手役でした。クランクアップしてから、彼のライブを見に行ったり、ひゅーいさんの新曲のミュージックビデオに蒼井さんが出演したり。どちらかというと、蒼井さんが“超自然体”な彼に興味津々といった様子でした」(前出・映画関係者)

 映画は山内マリコさんの同名小説が原作で、蒼井が演じるOL・安曇春子の失踪をきっかけに起こる出来事が描かれている。石崎は同級生役。東京国際映画祭(10月25日〜)にも出品され、蒼井の演技への評価は高い。

「この作品で蒼井は主演女優賞の有力候補です。NHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』の主役をはった高畑充希(24才)がキャバクラ嬢役を演じていることも話題です」(映画評論家)

 8月中旬にもふたりが食事をする姿が目撃されていた。東京・下北沢にある人気の焼き肉店で、映画の出演者たちと盛り上がっていた。

「蒼井さんはポニーテールを左右に分けて、グイッと引っ張って形を整えたりしながら、ケラケラ笑いながらお酒を飲んでいました。店を出た後は石崎さんがピッタリと横に寄り添って歩いていましたね」(居合わせた客)

 蒼井、石崎の所属事務所はともに「仲の良い友人の1人です」という。

※女性セブン2016年10月27日号